« 真空管 | トップページ | 手が動かない »

2010年3月 1日 (月)

6250-11

1003010012

とりあえずほぼ生地完になりましたが、3点ほど問題があります。

1.機関車本体とテンダーの高さが違う。

  テンダーが1mmほど低いのです。原因は未調査ですが、調整できるようになっていないので、組み立て誤差の積み重ねでしょうか?

2.全軸イコライズの割には集電不良なのか走行が安定しない。

  先台車の2点支持化と、全軸集電化を考えてみたいと思います。

3.第二動輪にサウンド接点が付いていますが、4点中1点がプラモールドに半分埋もれていて音が途切れてしまう。

  代わりのパーツは持っていますが、動輪をばらさなければならないので、そのうちにゆっくりやることにします。

サウンド接点ブラシはこんな感じです。

1003010015

|

« 真空管 | トップページ | 手が動かない »

6250」カテゴリの記事

コメント

生地完成おめでとうございます。

>2.全軸イコライズの割には集電不良なのか走行が安定しない。
意外にこの手のロコは三軸テンダーの集電不良があります。
テンダー車輪の簡易可動化の方が効果あるかもしれません。

>3.第二動輪にサウンド接点が付いていますが、4点中1点がプラモールドに半分埋もれていて音が途切れてしまう。
>代わりのパーツは持っていますが、動輪をばらさなければならないので、そのうちにゆっくりやることにします。
あのコンタクト元から真円でていないですから、真鍮接点の上に覆い被さっているプラの部分をカッターで削るか、やすりで削り落としておけばそれで十分だと思います。また接点も帯板より、細い線を二本当てた方が確実みたいです。Kさんとこから行ってるはずのベリリウム銅線の細い方で十分です。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2010年3月 1日 (月) 17時51分

ゆうえんさん、早速のレスありがとうございます。

このキット、最初からテンダーも3点支持になっているんですが、調整がまだまだ足りないのかも知れません。

サウンド接点は、ばらさずに両センターで一皮向いてしまえばいいのかも知れませんね。

投稿: ozu | 2010年3月 1日 (月) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/33583512

この記事へのトラックバック一覧です: 6250-11:

« 真空管 | トップページ | 手が動かない »