« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

PLYMOUTH-3

続いてギアを組み込みました。

厚さを1.8mmほどにスライスして軸に組み込みます。

車輪は本来φ9.5のようですが、ギアがφ9のためφ10.5にしました。

組み込んで見てミスに気がつきました。

中間軸が0.4mmほど上に寄っていて、ギアがかみ合いません。

仕方なく、車軸溝を追い込んで、本来平板ですむはずの押さえ板の車軸部分にスペーサーをハンダ付けして逃げました。

1003310008

1003310001

組みあがりはこんな感じ、とりあえず使用予定のジャンクモーターを乗せてみました。

1003310005

まだ各部の当たりが悪いようで動きが渋いです。

この構造は摩擦抵抗も大きいですね。

明日はモーターを取り付けて試運転したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

PLYMOUTH-2

続いて長さを決めます。

今回は横着をせずに四つ爪チャックに付け替えて突っ切ります。

1003290004

カットしたところです。

1003290006

続いてコンロで炙って分割し、一方にスペーサーをハンダ付けします。

スペーサーにネジ穴を貫通させて、ネジで組むとこうなります。

1003290007_2

スペーサーの出っ張っている部分は不要ですが、とりあえず今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On30,PLYMOUTH-1

またまた違うことをはじめました。

某ブログに刺激されてのことですが

1003290002

こういうことをやっているからちっとも完成しないんですね。

性格だからしょうがないんですが・・・・・

ヤフオクで手に入れた5mm厚の真鍮端材を2枚ハンダ付けしてフライス加工します。

このような厚物ブロックのハンダ付けはバーナーを使います。

ばらした後、手前の2mm厚の板を間に挟んでフレームとします。

仕上がりはこんな予定です。

1003280003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

駆動装置試作-3

また間が空いてしまいました。

結局スライスは旋盤の3ツ爪チャックに無理やり咥えて、金ノコの折れ刃で作った突っ切りバイトで行いました。

1003220001

工程が進むにつれていい加減さが出てきて、突っ切り位置がまちまちです。

次に軸押さえを作ります。

1003220002

切り離して

1003220006_2

とりあえず手持ちの台車に組み込んで見ました。

1003220005

枕バリを直せば何とかいけそうです。

ウォームホイールはジュラコンの平ギアを2mmにスライスした物で、ギア比は14:1です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

駆動装置試作-2

1003120002

昨日の続きです。

軸の入る溝と押さえ板のタップした穴を開けます。

万力が削れているのはご愛嬌ということで・・・・

1003120003

ひっくり返してウォームの入る溝を掘ります。

外してタップを切って・・・スライスはどうしようかな?

8個4台車分ですが、材料がちょっと短かったので一個だけ変則です。

1003120004

1003120005 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆動装置試作-1

昨今の動力車はエンドウのMPか福島のFM、あとはパワートラックになってしまいました。

どれにしても結構な費用がかかります。

何とかローコストな動力は出来ないかと図面を書いてみました。

1

基本はFMと同じですが、ギアが開放なのでだるまやに近い感じです。

在庫の材料やパーツを生かし、新たな出費は抑えます。

マンションでは工作機械は昼間しか使えないので、今日はここまで。

1003120011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

手が動かない

オリンピックが終わって「さあやるぞ」と宣言したものの

全然手が動きません。

作る物は山ほどあるのに、何から手を付けて良いのかきめかねています。

これではいけないと思い、宝の持ち腐れになっていたフライスをはじめて動かしました。

1003090003_2

さて、何を始めたのでしょう?

こんな物が出来ました。

1003100004

1003100005

素材は六角棒とジャンクモーターに教材用ウォームギア

1軸駆動なので勾配はダメで単行運転専用です。

↓の動力です。

1003100006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

6250-11

1003010012

とりあえずほぼ生地完になりましたが、3点ほど問題があります。

1.機関車本体とテンダーの高さが違う。

  テンダーが1mmほど低いのです。原因は未調査ですが、調整できるようになっていないので、組み立て誤差の積み重ねでしょうか?

2.全軸イコライズの割には集電不良なのか走行が安定しない。

  先台車の2点支持化と、全軸集電化を考えてみたいと思います。

3.第二動輪にサウンド接点が付いていますが、4点中1点がプラモールドに半分埋もれていて音が途切れてしまう。

  代わりのパーツは持っていますが、動輪をばらさなければならないので、そのうちにゆっくりやることにします。

サウンド接点ブラシはこんな感じです。

1003010015

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真空管

1002170001

オリンピック期間中は模型作りをサボっていましたので

代わりにこんな物を作りました。

大分前に購入して、手を付けないまましまってあった物です。

これが内部の基板です。

1002170003

もう一つはこれ

1002190006

こちらの基板はこんな感じ

1002190009

そして出来上がり

1003010018

車載のDCCデコーダーなどに比べればはるかに簡単、

テレビを見ながら2台で2日もかかりませんでした。

真空管で聞くCDもなかなか乙な物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック

オリンピック観戦で手が止まってしまいました。(ただの言い訳ですが・・・・)

一番注目していたのはカーリング

クリスタルジャパンは力が発揮できず残念でしたが、勝った3試合はとてもすばらしかったと思います。(勝った3試合は白いユニホーム、負けた6試合は黒いユニホームだったのは単なる偶然?)

また、男女ともに決勝は最後の1投まで目が離せない展開で、これぞカーリングという試合だったと思います。

フィギアスケートもすばらしかったと思いますが、キム・ヨナの完璧さにはただただあきれるばかりでした。

それにしても入賞8選手中4人(米国代表の長洲未来も含めて)が日本人というのもすごいことですね。

さて、オリンピックも終わったことだし、また手を動かさなければ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »