« PLYMOUTH-8 | トップページ | 駆動装置試作-4ー大失敗 »

2010年4月15日 (木)

PLYMOUTH-9

台枠を四角に組み、動力を組み込みます

前後の枠にアングルを取り付け、これに動力をネジ止めします。

1004150001

カプラーは、スリットを糸鋸で抜いて、KDの#58のアームを少し薄くやすってはめ込みます

1004150003

とりあえずスリットの2段目に付けてみました。

首フリの復元は後で考えます

1004150007

全体像はこんな感じです。

1004150008

1004150010

続いてキャブに移ります

さすがに樹脂で複製は無理そうなので真鍮で作ります。

まず0.3tに外周の帯をハンダ付けし、ドア部分を抜いていきます

1004130001

いきなり側板完成

1004140010

妻板も窓枠の薄板をハンダ付けしてから窓を抜きます。

1004140009

|

« PLYMOUTH-8 | トップページ | 駆動装置試作-4ー大失敗 »

PLYMOUTH」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/34242031

この記事へのトラックバック一覧です: PLYMOUTH-9:

« PLYMOUTH-8 | トップページ | 駆動装置試作-4ー大失敗 »