« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

珊瑚酒井型DL-1

ベビーボックスがひと段落したので、次は軽い物ということで・・・

以前中古で手に入れた珊瑚の酒井型DLです。
1009250004

初期の物のようで、動力は2段ウォームのもので、すでに前所有者が組んでありました。
1009250007

動力単体で動かしてみるととりあえず動きます。
しかし、どうも板材組み立てのフレームが華奢に見えて頼りないのです。
結局いつものようにブロックから自作しました。
1009240044

これも2段ウォームです。
ギア比を大きくするにはそれだけギア数も増え、音がうるさいのが玉に瑕です。

動力以外は手付かずだったので、とりあえず素組しました。
1009280004

さすがキットは簡単に組みあがりますが、お仕着せの構造は?な部分も有り、満足感では今一かも?

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

ロッド式-その17

2台目のマフラーと最後に残ったカプラーも取り付けて2台とも生地完です。
タイフォンは磨きだしで塗装後に付けるので差し込んであるだけです。

マフラー取り付け時に転落事故2回、屋根前端と右側面後ろの角に傷が残ってしまいました。
膝上作業台はやっぱり考え直さなければいけないです。
さらに、カプラー台をハンダ付けするときにバーナーで炙りすぎて端梁がポロリ・・・・
あせりましたが何とか修正できました。
カプラーはKDのNo.5のポケットを短縮しました。
カプラーポケットを端梁にハンダ付けしてしまったので、カプラーの取り付けに苦労する羽目に陥りました。
構造をよく考えるべきでした。
今週は天気が良くなさそうなので、塗装は凸型と一緒でしばらく先になりそうです。
1009270008

1009270004

1009270010

1009270011

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

ロッド式-その16

1台目は手すりとドア取っ手の取り付け、その後屋根もハンダ付けして、中央に排気用T字煙突をつけました。
端梁にはφ0.7の手すりを取り付けました。
これでほぼ生地完です。
1009240005

1009240007

煙突はφ5の丸棒から挽き出し、φ3のパイプを上にハンダ付けした物です。
1009240006

一方、2台目の方はドア取っ手、手すり、ラジエーター、ヘッドライトをハンダ付けし、屋根はt0.3を丸めました。
屋根にリベットを打つかどうか悩みましたが、リベットを打ってからきれいに曲げる自信が無かったので、今回は無しとしました。(屋根はまだ未固定です。)
1009240023

1009240029
車体は一枚板の折り曲げなので、背面の妻板中央でつき合わせています。
合わせの処理が面倒だったので、リベットを打った板をハンダ付けして隠しました。

排気管は、1台目とイメチェンするためマフラー型で屋根に乗せる事とし、φ4、φ2丸棒と、φ2パイプを組み合わせました。
1009240038

生地完までもう一歩です。
最後にツーショット。
1009240030


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

ロッド式-その15

裏打ちをしました。
後面妻板は突合せになるので後からつけます。
1009210007
裏板には小穴を開けて、ここにハンダ粒を置いてバーナーでアブリ付けです。
次に窓とドア窓部分を抜きました。
1009210010
折り曲げ部分はPカッターで筋彫りをしてあるので、ヤスリでV溝に広げますが、溝が浅すぎたようできれいに曲がりませんでした。
角を出したい場合は、幅全体にわたって均一に、皮一枚残る感じで彫る必要があります。
これが甘いと、角にRが付いたり直角に曲げ切れなかったりします。
何とか修正しましたが、一部傷が残ってしまいました。
とりあえず箱になりました。
1009220025

1009220029

塩水浴の下回りですが、一週間たったので取り出してみました。
0.55mmの折れたドリルはボロボロになって取り除くことが出来ました。
ボルト表現を兼ねたピンうちを終え、下回りは端面の手すりを残すのみとなりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

ロッド式-その14

ようやく2台目のリベット打ちを行いました。
1009200002
が、あまりうまく打てませんでした。
板厚はt0.4、ポンチが少し太すぎたようで、丸い形状はいいのですが高さがちょっと低すぎるのです。
ただ、強く打つとリベット周辺に歪みが出ます。
また、ML-210の刃物台にガタがあり、裾の横列を打ってから戻して縦列を打とうとしたら、元の戻らず微妙にずれるのです。
これは送りねじのバックラッシュではなくて、ガタにより水平方向にねじれてずれると言うのが原因のようです。
メンテナンスをしっかりするべきでした。
1009200011
作り直すのもしんどいので。とりあえずはこんなもんでもいいかとこのまま行くことにしました。
外板の窓抜きをして、
1009200019

今日はここまで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

ローラー試運転台-2

つなぎの絶縁部品は当初樹脂板をフライス加工しようとしましたが、
樹脂のフライス加工は難しいです。
危うくフライスを壊すところでした。

仕方なくプラ板工作です。
まずは角棒といたの張り合わせでチャンネル状にします。
1009170002
切り込みを入れて昨日のパーツと組み合わせて、とりあえず2組出来ました。
後ろはバックマンの既製品です。
1009170010
オリジナルに比べてプラの形状が複雑すぎて作りにくいです。
設計のまずいです、オリジナルをもっと観察すべきでした。
ちょっと設計変更して作り直しですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

ローラー試運転台

今日は気分を変えて治工具つくりです。
Kさんが作ったのに刺激されて自分も作ってみました。
バックマンのHO用既製品を持っていますが、小径ベアリング(520)が手元にあるし
ゲージ違いにも対応できるようにもしたいと思います。
1009160008
とりあえず4セットでD型に対応できるようにします。
中間連結部は絶縁材で明日作ります。
1009160013
材料は真鍮引き抜きチャンネルの端材があったので利用しましたが、
数が多いのでフライスでの外形加工は結構手間がかかりました。
板材張り合わせで作ったほうが楽だったかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

ロッド式-その13

ボルト穴を開けて、裏側をザグリました。
これでスリットが抜けました。
カプラーはKD#5の予定なので、スリットは幅1.4、ちょうどいいエンドミルが無くて1mmの2度通しです。
1009140006
この後端梁にハンダ付けまではうまく行ったのですが・・・
次に、ステップの補強で真鍮線を植える為ボール盤で穴あけをしようとしたところ・・・

やってしまいました。
夜なので回転数を落としていたのが悪かったのか・・・ポキッ・・・・
凸形とMiniBox2台、それぞれ一箇所ずつドリルを折り込んでしまいました。
仕方なくステンレス容器に塩水を作って仲良く入浴です。
1009150003

これで一週間は手を付けられないので、その間に上周りを進めましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

ロッド式-その12

週末は家庭サービスであまり進んでいません。

カプラーポケットを作っています。
今回は4個必要なのと、少し大きくなりますが、なかなかうまくいきません。
1個目は失敗してやり直し、ようやく外形削りが終わりました。
1009140002
取り付けボルト穴と、スリット部分の裏ザグリはこれからです。
3個しかありませんが、残りの一個は穴あけ用にセットした所で時間切れ
1009140004
夜はさすがにフライス作業はXです。

これが終わったらいよいよリベット打ちかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

ロッド式-その11

ヘッドライトとダブルタイフォンを作りました。
まだ固定していません。
2台目はまだモックアップ状態です。
1009100002

ヘッドライトはいつものように丸棒から削りだし、LEDを入れるので小穴を貫通させています。
1009100008a

ダブルタイフォンも丸棒からの削りだしですが、ちょっとごついですね
1009100008b

さて、2台目ですが、リベット打ちの準備中です。
現状の打ち出し機は1軸なので2軸化改造をしたい所です。
そこで考えたのは、旋盤のテールストックを外して打ち出し機本体をつければ、材料は刃物台に固定してXYに動かせます。
と言うことで取付金具を作りました。
1009100013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

リベット打ち出し機

2日間探してようやく見つかりました。
灯台下暗し、机(PCテーブル)の下の奥のほうに転がっていました。
と言うことは、引っ越してきてから1回は触っているんですね。
でもポンチのほうはぜんぜん違う箱から出てきたんですが・・・・・

とりあえず全景です。
1009070001

1009070003

打ち出し部分は13mm厚の工具鋼(確かSKHだったと思います)をワイヤーカットで切り出したもので、ポンチとダイの穴(φ5)もワイヤーカットで抜いています。
送りテーブルは左右のみで2本の丸棒ガイドと、M6xP1のネジを利用した物です。
ハンドル1回転で1mm送りになります。
ポンチはありあわせのシャフトに焼きを入れた物で、コイルバネで浮かしてあり、錘を持ち上げてストッパーの位置で離すことで一定の力で打てるようにしてあります。

ポンチ穴の拡大
1009070004

打ち出し部本体
1009070005_2


ダイは今回新規に作りました。
φ5ガ無かったので、真鍮φ5に3mmの穴をあけて、φ3のピアノ線を打ち込んだ物で、雌型の穴はOナローと言うことで大きめにφ0.55の超硬ドリルで開けました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ロッド式-その10

家捜ししてみましたが、ポンチは見つかりましたがリベット打ち出し機本体が見つかりません。
副産物として、フライスのコレット等小物部品の入った箱が見つかりました。
φ6、8、10mmの3種類、しばらく見つからなくて購入しようと問い合わせたら、一個6000円と言われて躊躇していました。
これまでは、φ12シャンク以外のエンドミルは仕方なくドリルチャックに咥えて加工していましたが、これからはしっかりコレットで咥えることが出来ます。

工作のほうは1台目(タイプA)のドアハンドルと屋根板を作りました。
ドアハンドルはいつものようにφ0.8の洋白線をLに曲げて、それらしく加工しました。
1009060021


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ロッド式-その9

1台目の側板を作りました。
窓枠やドア枠のハンダ付けをバーナーで行いましたが、薄板にバーナーを使うとヘロヘロになってしまい苦労します。
1009050001
窓とドアを一枚板で全面に裏打ちすることでようやく平面にすることが出来ました。
この段階で、取っ手とドアハンドルの穴をあけておいて箱組みです。
大分形になってきました。
1009050005

1009050009

1009050013

2台目はリベット打ち出し機が見つからないと進められないので、明日は家捜し兼ねて大掃除かな?

先日の動作異常ですが、原因はモーターではなかったようです。
お恥ずかしい話ですが、モーターを交換しても症状が変わらないので、動かしながらよく観察していると時々ブラシの近くで火花が出ています。
老眼鏡をかけて良く見ると、車輪の左右ガタを規制するために絶縁側に2mmのステンレスワッシャを入れてありましたが、車軸絶縁のこの車輪の絶縁ブッシュの径がワッシャより小さかったため、時々ショートしていたと言うわけです。
実際には集電ブラシを車輪の裏に当てているので、ワッシャが無くても車輪のガタは規制されるので必要ありません。
取り去ったところ症状は治まりました。
とんだ失敗です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

ロッド式-その8

下回りで残っていた側面のステップを作ります。
t0.6の板から切断機で2mm幅の帯を切り出し、糸鋸で切り込みを入れてから角ヤスリで溝を広げ折り曲げます
1009030001
一番下は曲げ位置を間違えた物です。
フレームの所定位置にハンダ付けしました。
1009040012

さて、車体ですが
木造のつもりで、まずはPカッターで妻板4枚分の板に2mm幅で筋彫りです。
見事に反りました。
1009040003
次に先行2枚分に窓枠の板をハンダ付けし、窓を抜きました。
1009040005
窓抜きは苦手できれいに抜けていません。
ここで休憩してPCを見ると、なんとまあ、railtruckさんからコメントが・・・・・
そうか、そういう手もあったのか、と目からうろこでした。
2台分の妻板が出来ていたら変更はしなかったと思います。
ということで、こんな感じにしようと思います。
Babyiboxs
もう元ねたはばればれですね。
杉山さん、今回もごめんなさいです。

とりあえず、一台目の窓枠を仕上げました。
1009040009

さて、リベット打ち出し機を探さなくては・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

ロッド式-その7

いよいよ上周りにかかります。
まずはラジエーター
2台でちょっと変えて片や網目、もう一台は縦スリットとします。
とりあえず枠を切り出し
1009030003
3枚重ねで間に真鍮網と丸線をはさみます。
1009030005
網はうまくいきましたが、丸線はそろっていなくてでこぼこしています。
仕方が無いので作り直し
1009030007
なんとか形になりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ロッド式-その6

気を取り直して端梁を作りました。
2mmの板材からφ2のエンドミルで外形を切り出し、ステップ取り付け穴をあけました。
ステップは2x3の引き抜き材、取り付け足は0.6x2です。
1009020004
本体につける前にステップを取り付け
1009020011
本体への取り付けはバーナーとソルダーーペイント使用です。
組み立て中にうっかりタイプAを床に落としてしまい、ステップが曲がってしまいました。
重量が重いだけに落下事故は致命傷になりかねません。
何とか修復しましたが、多少歪みが残ってしまいました。
1009020015

先日のモーターの件ですが、同サイズの別のモーター(ブラシ部の色が違い構造も少し違います)に変えましたが、
やはり同じ症状が出ます。
低圧モーターを定格以上で使うのはやはりリスクがあるようです。
予備のモーターはまだあるので、とりあえずはこのまま行きます。

下回りはあとすこし、そろそろ上周りの準備にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

ロッド式-その5

昨日は最悪の日でした。

その1
端梁を作ろうと材料を探したのですが、最初に見つけたのは3mm厚の板、端梁は2mmです。
次に見つけたのは2x16x42の端材、サイズ的には一回り削ればちょうど良いサイズです。
早速加工を始めましたが、超硬ドリルを2本も折り込んでしまいました。
この板、快削材ではないのです。
穴あけはあきらめて外形だけ仕上げようとしましたが、激騒音を発し削れません。
焼きなましてもダメでした。
いつも動力を作るのに、丸棒や六角棒を切り込み3mm位でザクザク削るのに
今回は0.2mmの切込みで、送りもかなり遅くし、回転数も色々試しましたがダメです。
結局あきらめて、別の材料を探しました。
200x300の板がありましたが、そのままではフライスで加工できず、小分けしなければなりません。

その2
気分を変えようと試運転をしていると、タイプAが時々ギアチェンジしたように遅くなり、そのうちに止まってしまいました。
しばらくほっておくとまた動きます。
どうもモーターが発熱してトルクが落ちているのか不思議な現象です。
とりあえず同サイズの別のモーターに変えてみましたが、速度が少し速くなってしまいました。
外したモーターは単品なら問題なく回ります。
しばらく様子を見てまた報告します。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »