« Bタンク-その8 | トップページ | Bタンク-その10 »

2010年10月28日 (木)

Bタンク-その9

サウンドのフィルターユニットは、以前作ってあったものがちょうどモーター横に入りました。
基板にはピンコンタクトをつけてあり、配線が付け外し出来るようにしてあります。
1010280002
動輪側の接点は秋月電子で手に入れた薄いプリント基板とチップコンデンサーを使って下のように作りました。
1010280005
テストも上々で、音量を上げると音が割れますが、小型機だからまあいいでしょう。
1010280010_2
週末はこの状態でお披露目です。
1010280009
こちらの側面は後半のコールバンカーあたりが以前ゆがめて修正不能の部分です。
1010280011
真横から見ると昨日付けたスピーカーが丸見えです。
密閉BOXは隠れるような寸法にしたのですが、スピーカーの出っ張りを忘れていました。
これはいずれ作り直しかなあ・・・・
キャブの後ろが少しういているし・・・・

|

« Bタンク-その8 | トップページ | Bタンク-その10 »

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

ウチにもSL-1があるのでやったことがありますが、接点にチップコンデンサを使うと小型になっていいですよね。
コンデンサについては、いさみやさんにあるもの(バイポーラ)なら1個で済むことも判明。
私の場合、「デコーダが入らない蒸気はSL-1で」と思ったのですが、その後デコーダが小型化して、Nゲージでも入る(笑)ようになったので、SL-1はほとんど使ってないですが、1両だけを走らせるなら、この方式で十分だとは思います。

投稿: | 2010年10月29日 (金) 07時08分

スピーカーは言われなければ気がつかないかもしれません。
特に少し上から見れば全くわからないのではないでしょうか。
室内と同じ色にすれば何か機器箱のように見えるかな?

投稿: 初瀬春日 | 2010年10月29日 (金) 10時40分

>むさん
コストを考えると500円もかからないSL1は捨てがたいです。
DCCは自作デコーダーは大きすぎて箱物にしか積めないし、サウンドは市販品に頼らざるおえないし、もう少し安くなってくれるといいんですが・・・

>初瀬春日さん
そう言って頂けると気が楽ですが、写真を撮るときに人の目線で撮るとやはり目立つんですよね。
塗装後気になれば作り直せばいいのでこのまま進めます。
それよりもキャブの歪みの方が気になります。

投稿: ozu | 2010年10月29日 (金) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/37428578

この記事へのトラックバック一覧です: Bタンク-その9:

« Bタンク-その8 | トップページ | Bタンク-その10 »