« Bタンク-その1 | トップページ | Bタンク-その3 »

2010年10月 8日 (金)

Bタンク-その2

今日は動輪の加工です。

まず、本機はSL1対応とする予定なので、動軸のギアのボス部に真鍮カラーを被せ、いさみやさんで手に入れたピンバイスを使って四角にDカットします。
このピンバイスは、頭のナットが3種類付属しており、通常の丸型のほかに、四角と六角があります。
丸材を咥えて、この頭をバイスにはさむ等してヤスリがけをすると、簡易的に割り出しをしながら四角や六角が削れると言うもので、なかなかのアイデア物です。
1010070002

次にロッドピン穴をリーマで少しずつ広げ、M1.4のタップを切ったφ1.8の真鍮ブッシュを圧入しました。
また、軸側は内径1.9、外径3x2.4の段付ブッシュを圧入し、リーマで加減しながらφ2の軸を圧入しました。
1010070004
車輪は未使用品ですが、古いものなので一部メッキがはげています。

位相合わせは今回も目検討でやってしまいました。
仮のロッドと集電ブラシを付け、ウエイト代わりの真鍮ブロックをのせてとりあえず試運転です。
1010070007

最初はかなりギクシャクしていて、前進は良くてもバックでロッドが引っかかったりしていました。
位相を微妙に調整していくと、バッチリ動くようになりました。
速度がちょっと速いようですが、スローも効くのでこれでよいでしょう。

|

« Bタンク-その1 | トップページ | Bタンク-その3 »

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

SL1の接点については、本来は4点であるのは理解しているものの、実際に走らせてみると4点だと「シュッという音がくっついて連続音になってしまう」と思うのは私だけなのかな?と思うことがあります。
私は結局、2点にして使用しました。
もっとも、今はサウンドは全部DCCなので、SL1もEL1も使っていませんが・・

投稿: ム | 2010年10月 9日 (土) 09時00分

おはようございます。
SL1は今でも欲しいです。キャラメル?スピーカーだけしか買えなかったんですよ~。(u_u。)

投稿: さくてつ | 2010年10月 9日 (土) 09時15分

>むさん
確かに本機のような小径動輪の小型機は2点のほうが良いかもしれませんね。
とりあえず4点にして、だめなら後で削ればいいやと4点にしてあります。
DCCは非常に良いのですが、財布にやさしくないので・・・

>さくてつさん
SL1はDCCと違って車両側のコストが安いのが魅力です。
簡単に音を出すだけでいいならこれで十分な気がします
今なら鉄道模型の部屋さんの互換システムで安く導入できますよ。

投稿: ozu | 2010年10月 9日 (土) 12時09分

SL-1互換システムの作者です。
ozuさんには自分用以外の採用第1号になっていただいています。

ソフトがまだ完成とは言えない状態ですが、
SL-1と同程度の事は出来ます。
DCCサウンドの様な動作にすることも技術的には可能なのですが
音のデータが入手できないので、止まっています。

自作の互換システムも好きな音を出せるので、DCCに劣る点は、
ライト類と機関車毎の個別の調整がやり難い所でしょうか。
その代わり、導入コストは圧倒的に安いです。

投稿: あおの | 2010年10月 9日 (土) 18時37分

こんばんは。

>ozuさん
 互換システムのご紹介ありがとうございます。

>あおのさん
 書き込んでいただいて助かります。私のPCからは貴サイトに接続できなくて困っておりました。ご連絡する方法がありますか?

投稿: さくてつ | 2010年10月 9日 (土) 23時45分

>さくてつ さん
申し訳ありませんでした。robot避けに引っ掛かってしまった様です。

自宅serverなので、行儀が悪いrobot用にrobot避けを仕込んでいるのですが、
ブラウザがIE場合、引っ掛かってエラーになることがあります。

IEは、installした環境によってserverに対する挙動が異なり、
robotかそう出ないかを判定するのが難しいので、
安全側に設定して過剰気味に拒否しています。
FirefoxとかSafari,Opera等は、おかしな挙動をする事は無いのですが、
IEは挙動不審で、適切に設定できていません。

引っ掛かったLogをみて、少し設定を緩めてみました。
また、今回書き込んだURLはrobot避けが緩いのでアクセスできると思います。
こちらにも連作先が書いてありますので、
使ってみようと思われましたら、ご連絡ください。

投稿: あおの | 2010年10月10日 (日) 00時36分

私が第1号だったんですね、びっくり!
さくてつさん、うまくアクセス出来るといいですね。

SL1を今新品で手に入れようとすると10万近くかかりますよね、その数分の一で出来てしまうあおの式互換システムは素晴らしいですよ。フォローもしっかりしていただけるので安心です。開発費を乗っけても良かったのではと思うくらいです。

投稿: ozu | 2010年10月10日 (日) 01時02分

おはようございます。

>ozuさん
 DCCは私の手に余ると考えておりますので、今回の互換システムのご紹介はたいへんありがたかったです。
 コメント欄をあおのさんへのメッセージに使わせていただくのを申し訳なく思っています。今後ともよろしくお願いいたします。
 
>あおのさん
 おかげさまでアクセスできました。メールをさしあげましたので、よろしくお願いいたします。

投稿: さくてつ | 2010年10月10日 (日) 07時47分

さくてつさん、ぜんぜんかまいませんよ。
模型ファン同士のコミュニケーションの為なら
どしどし使ってください。

投稿: ozu | 2010年10月10日 (日) 17時36分

ozuさん、こんばんは。
あおのさんと連絡をとることができました。ありがとうございます。

投稿: さくてつ | 2010年10月10日 (日) 21時07分

ozuさん、みなさんこんにちは

私は今後作る機関車は、9mmナロー以外はDCC化する予定ですが、一気に積み替えるのは無理なので、当面はPFM-SL1アナログ方式との併用でいきます。
米国型は、MRCの安価なサウンドオンリーデコーダー(MRC1665)でも結構満足な音が出ますが、英国型・欧州型の安価でいい音源つきのデコーダーはないようですね。

というわけで あおのさんが互換システムつくられたのは非常に心強いです。ozuさん月末の会でデモンストレーションして見せていただけないでしょうか?

ところでネット検索したら、ウイキペディアにPFMサウンドの項目がありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PFMサウンド
ここからのリンクで、Longneker氏の特許の原本も見ることができます。特許はもう失効しているようなので、互換機作っても問題がないようです。
http://www.freepatentsonline.com/3664060.pdf

長々と失礼しました。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2010年10月11日 (月) 16時05分

互換システムも、まともな音源が無いので、
SL-1よりは多少ましな程度です。

音源さえあれば、安物のDCCと同程度の事は出来るのですが、
音源のデータが入手出来ず、音的には5年前から進歩がありません。

最近はDCのエンジン音再生のテストをしているのですが、
これは、さらに厳しいです。

今回、回路等を公開した理由も、使用者を増やして、
音源を何とかしたいと思ったからなのですが、
世の中は既にDCCに移ってしまった様です。

投稿: あおの | 2010年10月11日 (月) 16時57分

ゆうえんさん、了解です。
うまくいくか判りませんが、互換システム持って行きます。

私はDCCについては、箱物の走行系はぬっきいさんのワンコインデコーダーを積む予定です。
チップタイプは自分ではまだ出来ないので、蒸機やOナローに積むのは無理で、当面はSL1で行く予定です。

あおのさん、音源データですが、実車音を使うことは出来ないのでしょうか?

投稿: ozu | 2010年10月11日 (月) 17時10分

データはnetで拾った実車の音を使っています。
ただ、生録系の音は、複数の音が混ざっている状態ですので、
必要な音のみを切り出す事ができません。

かろうじて、汽笛の音と発車時のドラフト音は切り出す事が出来たので、
今は、それしか再生できないと言う訳です。
補機音等は、その機器の音を録音用に単独で動かしている状態でないと厳く、
生録系のデータでは使えるものを見つけられませんでした。

サウンドデコーダも、部品原価は高いものでは無いですから、
商品価値のほとんどは、サウンドデータと言う事だと思います。

投稿: あおの | 2010年10月11日 (月) 20時26分

そうでしたか、なかなか大変なんですね。
解説ありがとうございました。

投稿: ozu | 2010年10月11日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/37142146

この記事へのトラックバック一覧です: Bタンク-その2:

« Bタンク-その1 | トップページ | Bタンク-その3 »