« Bタンク-その7 | トップページ | Bタンク-その8 »

2010年10月27日 (水)

B3パネルモジュール-その4

ネットを参考にこんなものを作ってみました。
1010250007
機能はするようですが、パワーが弱いのか、それとも材料の問題か、きれいに立ってくれません。
まあ、ないよりはましと言う程度です。
材料費は2000円弱、正規に売っているものはいくら位するんでしょうか?
またまた安物買いの銭失いか・・・・・・?

とりあえず、モジュールを進めなくてはならないので、軽便祭ではまとんさんに貰った材料(名前失念しました)と、百均の麻紐を3mmほどにカットして混ぜ合わせ、上の器具で撒いてみました。
枯れた下草で下地つくりです。
麻紐はかなりの量をカットしましたが、ほとんどが綿埃状態になってしまいあまり約に立ってくれません。
もっと荒い紐の方が良かったかも。
今のところこんな状態です。
1010270008

1010270005


|

« Bタンク-その7 | トップページ | Bタンク-その8 »

レイアウト、モジュール関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 すみません、説明不足だった様で。静電起毛の材料は、ガラス繊維でないと立ちません。NOCHのグラスフロック、ウッドランドのスタティックグラスフロック、モーリンのグラスセレクション、何れかでないと立ちませんので。
 麻の繊維は適当な長さにカットしたものの切り口に、直接木工ボンドを付けて、地面に押し当て、乾燥してからハサミで形を整えます。切りカスはハンディ掃除機で吸い取ってます。

投稿: はまとん | 2010年10月27日 (水) 13時10分

はまとんさん、早速の助言ありがとうございます。
ガラス繊維ですか、でも、麻でも多少は立つので、今までのただ撒くのに比べれば雲泥の差です。
下草はこの程度でもいいかも知れません。

投稿: ozu | 2010年10月27日 (水) 13時52分

ガラス繊維でなければ、合成樹脂の繊維が帯電し易く良いかも知れません。
麻や木綿は静電植毛に不向きかと思います。

投稿: railtruck | 2010年10月27日 (水) 16時03分

そうですね、化学繊維のほうが帯電しやすいわけで、手持ちの材料色々試してみたいと思います。

投稿: ozu | 2010年10月27日 (水) 17時48分

素材については、天賞堂の2Fで売ってます。
天賞堂とはいっても、素材そのものは凄く安いです。
店員のNさんがとっても詳しいので、親切に教えてくれました。

投稿: | 2010年10月28日 (木) 07時01分

そうか、餅は餅屋じゃないけれど、道具を売っていれば材料もあって不思議はないですね。
天賞堂はもうずいぶん行ってないです。
久しぶりに行ってみようかな。

投稿: ozu | 2010年10月28日 (木) 09時42分

ダラダラしていて、機器を購入して2週間ほどムダにしてしまいましたが、NOCHの草撒き器のテストをしてみました。
私のブログで、はまとんさんに教えてもらった方法を試した話をしていますので、ご参考になれば幸いです。

投稿: | 2010年10月31日 (日) 12時12分

むさん、拝見しました。
やはりちゃんとした材料ならきれいに蒔けるようですね。
大変参考になりました。

投稿: ozu | 2010年10月31日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/37409720

この記事へのトラックバック一覧です: B3パネルモジュール-その4:

« Bタンク-その7 | トップページ | Bタンク-その8 »