« 治工具整備 | トップページ | 木造客車ーその1 »

2011年2月10日 (木)

モーターカーその6

治工具整備が一段落したので車輌工作に戻ります。

キャブはOHagiさんと変化をつけるため、木曽の64号機を参考にすることにしました。
正面上半分が傾斜したタイプです。
板取をどうするかですが、窓柱の部分の曲げがきつそうだったので、この部分を突合せにすることにしました。
結果的には失敗でした。
まず、フライスを使って窓抜きと折り曲げ線を加工します。
1102090001

ベークの治具をバイスに固定し、この上にt0.5の真鍮板をクランプで固定します。
横の送りはDROで行いました。

抜き終わって外形をカットしたところです。
三角窓の傾斜部分の加工はNCフライスが欲しいですね。
1102090002

次に三角窓を仕上げ、傾斜部分の切込みを入れます。
1102090010

折り曲げて、コーナー部分にφ0.8の洋白を補強に入れて半田をたっぷり流します。
1102090012

ラジエターの穴に金網を貼り、内側に取付板を半田付け
1102100003

大分形になってきました。
1102100005

Hゴムはどうしましょ?
最初に失敗したと言ったのは、Hゴムを半田付けするとコーナーのハンダが溶けてしまうからです。
ラジエターはこの上に保護枠をつける予定です。

|

« 治工具整備 | トップページ | 木造客車ーその1 »

モーターカー」カテゴリの記事

コメント

ベーク板は10mm厚位ですか?窓抜きの当て板としては勿体ない気もしますが、豪勢ですね。
同じ目的なら、ホームセンターで手に入るMDFボードが使えませんか?

投稿: railtruck | 2011年2月10日 (木) 20時15分

ベークは端材を格安で手に入れたもので、もっと薄いのもありますが、たまたまちょうどいい大きさが10mm厚だっただけです。
この厚さだとある程度使ったらフライカッターで面を一なめすれば何回か使えます。
MDFボードも使えそうですね。

投稿: ozu | 2011年2月10日 (木) 20時42分

いやー好いですなぁ、がっしり感が伝わって来ます。お聞きしたい事があるのですが、今度お会いした時に。(^^)

投稿: はまとん | 2011年2月10日 (木) 23時15分

は~い、何でもどうぞ!
でも、お天気怪しいですね。

投稿: ozu | 2011年2月11日 (金) 00時01分

こんにちは、H5です。
ついにベーク治具作られましたね。
このベークベースの上にもう一枚薄いベークを載せ、ワークと一緒にはさみ、ベースベークを削らないようにしています。
Hゴムは別パーツとせず、エンドミルでプレスのように押し出して表現したことがあります。

私の方は1月の半ばから頸椎ヘルニアで腕に力が入らず、工作は一か月近く停止中です。

投稿: H5 | 2011年2月11日 (金) 10時05分

エンドミルでプレスですか?
いろんなやり方がありますね。
頸椎ヘルニアですか、私もヘルニヤ持ちでやばいです。
おまけに、両手の親指の間接が痛くて力が入らないし、
右目の白内障が日増しにひどくなっているようでだいぶペースダウンです。
お互い体には木をつけましょう。

投稿: ozu | 2011年2月11日 (金) 14時41分

昨日はお疲れさまでした。
モーターカー、考えている以上に可愛らしかったです。私も出来ると好いんですがね~♪

投稿: はまとん | 2011年2月13日 (日) 00時34分

お疲れ様でした。
人それぞれ得手不得手がありますから
私にはレイアウトはとても真似できません。

投稿: ozu | 2011年2月13日 (日) 01時02分

なるほど、こういう風に窓が抜けるのですね。
凄い機械力ですね。
この方法なら、t0.6くらいの厚い板を常用できますね。
アルモデルさんのOナロー車両も、板厚をt0.6くらいにしてくれればいいのに・・と思うことがあるのだけれど、エッチング抜きだとダメなのでしょうかね。

投稿: ム | 2011年2月13日 (日) 08時59分

エッチングで厚板を抜くと側面が腐食してきれいに抜けないので0.5が限度なのでしょう。
その点フライスは逆に薄いほど加工しにくくなります。
アルさんのはまだ良い方で、ペアーハンズさんの方は洋白で強度的には良いのですが、板厚が薄すぎていまいちしっくり来ません。真鍮で板厚を上げてもらったほうがありがたいです。

投稿: ozu | 2011年2月13日 (日) 11時11分

昨日は、お疲れ様でした。
いつもながらのきっちりとした工作、素晴らしいですね。実物を拝見できてよかったです。
こちらのサイトに来ると機械が欲しくなってしまいます。

投稿: OHagi | 2011年2月13日 (日) 14時33分

お疲れ様でした。
工作機械、使い始めると面白ですよ。

投稿: ozu | 2011年2月13日 (日) 14時37分

この機械加工の動力は良く走るし、ボディーの曲げ部分もフライス加工してありカッチリ曲がってるし、凄かったです。

小生にはこのレベルはとても無理ですので、下回りは16番を利用し、上回りはプラバン加工とします。

投稿: 穴熊 | 2011年2月14日 (月) 03時28分

紙やプラですばらしい作品を作っている方もたくさんいますよね。
仕上げ次第で真鍮に負けない立派な作品はいっぱいあり、私もずいぶん参考にしています。
作り方は人それぞれなので、得意なやり方で楽しめばいいのだと思います。

投稿: ozu | 2011年2月14日 (月) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/38814931

この記事へのトラックバック一覧です: モーターカーその6:

« 治工具整備 | トップページ | 木造客車ーその1 »