« アルの木造客車-その2 | トップページ | モーターカーその7 »

2011年2月24日 (木)

アルの木造客車-その3

1台組み始めたところで、やっぱり小さいなあ・・・・
Yさんはショーティーと言うことで割り切ったようです。
地方の小私鉄と言うことにすれば問題は無いのですが、せっかくの競作だし、もう少し弄ってみようかなと・・・
こんな風にしちゃいました。
1102230003

図面とエッチング板をスキャンして、フォトショで切り張りしてみました。
Bs_2

ところが問題があります。
このように切り継ぎをしようとすると、窓割と腰板の木目が合わないのです。
結局センターでつなぐことにして腰板の木目をあわせると、中央の窓は少し広くするか狭くするかのどちらかにしなければなりません。
結局0.5mm小さい窓になってしまいました。
まあちょっと目にはごまかせるでしょう。

とりあえずつき合わせて半田付けし、ヘッダーに0.8x0.2の帯を貼って
1102230005

本日はここまで・・・・
なお、両端妻部にはボール紙の切れ端をセロテープで貼り付けて折り曲げ部の保護をしています。

|

« アルの木造客車-その2 | トップページ | モーターカーその7 »

16番客車」カテゴリの記事

コメント

ozuさん 延長というのもおもしろいですね。
窓三個延長すると、1/87 のTR11も自然に収まりますね。

私の合造車でも窓つぶしたところに貼り込んだ筋目板と腰板の木目、ビミョーにズレがありますが、凝視しないとわからないのでまあいいかにしてあります。

私は今回はオリジナルの車長のまま3両編成にしようかと思います。
もう一両は車端の窓割り少しさわってハフにします。
ハニフ+ロハ+ハフの編成です。
それにこの客車ちょっと重いので、4両にすると少し機関車がきついかもしれないと思っています。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2011年2月24日 (木) 12時25分

ゆうえんさんの作例、大いに参考にさせていただいております。
私も図の3連で考えています。
TR11は実は画像処理で軸距離を縮めてあります。
実際にどうするかはまだこれから考えます。
重量については車体延長でさらにきつくなるので、軽量化を検討しています。

投稿: ozu | 2011年2月24日 (木) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/38992423

この記事へのトラックバック一覧です: アルの木造客車-その3:

« アルの木造客車-その2 | トップページ | モーターカーその7 »