« ハイトゲージを作る-その4 | トップページ | 気持ちが・・・・(3本ロール-その1) »

2011年4月10日 (日)

ハイトゲージを作る-その5(完成)

残りの部品を作っていきます。

まずは微調整用のコマですが、φ10の丸棒にDさんに購入していただいたKnurling Toolでローレットを切りました。
片押し式なのでKS200にはきつかったです。いずれはさみ式に改造しましょう。
次に内径にM3タップを立て、突っ切りバイトでカットです。
1104090001

仕上て出来上がり。
1104090004

続いてネジ軸固定ブロックを削りだし、M3のSUSずん切りを適当な長さにカットして、ロックタイトをつけてねじ込みました。
1104090003

最後の部品は微調整機構を固定するためのつまみネジです。
こちらはφ8のローレット付き丸棒があったので、内径にM3を切った後、M3キャップボルトの頭がもぐるように逃がしを入れて、エポキシをつけてねじ込み、さらに外形を仕上て出来上がり。
1104090005

微調整機構を組み立てるとこんな感じです。
1104090020b

すべて部品がそろったので、組み立てて完成です。
1104090010b

コンさんからいただいたアルミ定盤と一緒に記念撮影です。
1104090027

|

« ハイトゲージを作る-その4 | トップページ | 気持ちが・・・・(3本ロール-その1) »

工具」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい、の一言です。

そもそも小生は、ハイトゲージにどんな部品が付いていて、どんな機能を果たしているか解りません。

投稿: 穴熊 | 2011年4月10日 (日) 01時17分

おお、できましたね。
素晴らしい仕上がりです。
相手がアルミ定盤ですから、鋼製よりもブラスのベースも硬さの点で良いかもしれませんね。

ボールエンドミルは確かに負荷が大きいですね。剛性の大きな機械でないとビビりやすいです。私の機械はそれを使うために本体より重い(?)補強部材で支えています。

投稿: D | 2011年4月10日 (日) 01時21分

穴熊さん、Dさん、早速のコメントありがとうございます。
これが出来たのもDさんのおかげです。
次はDROの取付をやりたいと思います。

投稿: ozu | 2011年4月10日 (日) 01時46分

これは素晴らしい!!
真鍮の台座も美しくて好きです。
定盤の上で滑らせても定盤が傷つかないので
かえって好都合かも。
私も真似したいけど技術とアイデアが全然ついて行けません。
もっと修行が必要です。

投稿: 初瀬春日 | 2011年4月10日 (日) 09時06分

すごすぎる。どれだけ切り粉が出たんだろう...

投稿: まーくん | 2011年4月10日 (日) 10時07分

>初瀬春日さん
真鍮台座、今はきれいなんですが、錆が気になるのでオイルを引くか塗装するか悩むところです。

>まーくんさん
切り子すごいですよ。両手に山盛りくらい出たでしょうか。

投稿: ozu | 2011年4月10日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/39551663

この記事へのトラックバック一覧です: ハイトゲージを作る-その5(完成):

« ハイトゲージを作る-その4 | トップページ | 気持ちが・・・・(3本ロール-その1) »