« ハイトゲージを作る-その2 | トップページ | ハイトゲージを作る-その4 »

2011年4月 7日 (木)

ハイトゲージを作る-その3

昨日は昼から孫に会いに行ってきたのでちょっとしか作業が出来ませんでした。
今日の分とあわせてレポートします。

まずは前日作ったアダプターを使ってスリワリ作業です。
1104060001

アダプターの加工精度が悪くカッターが面ブレしていますが、何とか加工することが出来ました。
次に、手で持つときの引っ掛け溝を彫ります。
φ12のボールエンドミルを使いましたが、これまた一苦労しました。
ボールエンドミルは切断面が円弧状になっているため、通常のエンドミルよりもはるかに重切削になるようで、切込みを小さくしてもかなりつらいです。
おまけにシャンクが長すぎでビビリまくりです。
このブロックは快削では無い様で、切り子は硬く光沢があります。
快削の場合は白っぽいさらさらの切り子になりさくさく削れます。
1104070003

何とかだましだまし加工を終え、次に四隅の面取りをしました。
Dさんに購入してきていただいたAngle Blocksを使いました。
私のバイスは口幅50mmなので、通常の様にバイスの底にブロックを置いて上にワークを乗せる方法が使えません。
そこで、バイスの上にブロックを置き、ワークをそれにあわせるようにして使用しました。
1104070004

次にブロックの上面のR加工をします。
1104070006

この加工には↓のコーナーカッターを使います。
1104070008

ボールエンドミルの逆見たいなものですが、これも切削長さが長いためかなりビビリました。
私の場合、一般的な加工条件よりもいかに静かに加工するかが優先されるので、加工条件を探すのに手間取ります。

だいぶ形になってきました。
1104070010

次にジョウの取り付け板を3mm板から切り出します。
1104070011

ジョウは元のノギスの内測用を使います。
二つの取付穴はそれぞれ左右と上下に長穴にして調整できるようにしています。
穴の加工は1mmの超硬ドリルで下穴を明け、3mmの超硬エンドミルで仕上ています。
取り付け板は外形を糸鋸で切り出しましたが、夜はフライスが使えないので仕上は明日です。

|

« ハイトゲージを作る-その2 | トップページ | ハイトゲージを作る-その4 »

工具」カテゴリの記事

コメント

速い!今週中に完成ですね。

昨日、快削の真鍮丸棒を頼みました。
これで旋盤の練習します。

投稿: 穴熊 | 2011年4月 8日 (金) 01時30分

まだまだ先は長いです。
旋盤はバイトしだいです。
買ってきたままでは多分だめなので、刃先の形状など色々試してみると面白くなってきます。
グラインダーはお持ちですか?
旋盤には必需品です。
お持ちでなければ中古でかまわないのでφ150くらいのものを手に入れると良いと思います。

投稿: ozu | 2011年4月 8日 (金) 01時54分

ozuさん 工作はかどっているようですね

ところでフライステーブルの周りを囲っている透明の容器?仕切り?は何ですか?

投稿: ゆうえん・こうじ | 2011年4月 8日 (金) 14時06分

ゆうえんさん、良く気がつきましたね。
これは透明塩ビの板で作った切り子カバーです。
これのおかげで9割くらいの切り子はキャッチできますが、それでも回りは切り子だらけで掃除が大変です。

投稿: ozu | 2011年4月 8日 (金) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/39527396

この記事へのトラックバック一覧です: ハイトゲージを作る-その3:

« ハイトゲージを作る-その2 | トップページ | ハイトゲージを作る-その4 »