« On2のDL-その6 | トップページ | On2のDL-その8 »

2011年5月13日 (金)

On2のDL-その7

ボンネットの続きです。
上部に点検蓋をつけました。
固定金具は線をヤットコでつぶしてからLに曲げたものです。
1105120002

側面も先日のルーバー扉をハンダ付けし、ヒンジは洋白線とリベットを打った帯でそれらしく作りました。
反対側の固定金具は↑の点検蓋と同じです。
1105120003

次にキャブ内機器(シフトレバーかな?)を作ります。
まずは丸棒をヤスリで四角錐状に削ります。
1105120009

φ1線を通してハンダ付け
1105120012

四角い板にボルトを植え、厚板のベースにハンダ付け
切り欠きはギアの逃げです。
1105120015

次にキャブ前妻を作ります。
折り曲げ部分にPカッターとヤスリでV溝を入れ、ボンネットの取り付けボルトと手すりの穴を明けておきます。
1105120017

切り抜いてコの字に曲げ、ボルト表現の洋白線と通してボンネットと合わせます。
ボンネット内側に出た線が一あわせガイドを兼ねます。
1105120020

縁取りの甲丸線をハンダ付けして今日の作業はここまで。
1105130032

1105130029

1105130031

|

« On2のDL-その6 | トップページ | On2のDL-その8 »

On2」カテゴリの記事

コメント

いつもながら手際の良いきれいな作業に見とれてしまいます。

一つ教えて下さい。
妻板から裏側に飛び出すボルトを取付ガイドにする、とのことですが、
正確に位置を一致さる必要があると思います。

これはできあがったボンネットをガイドに孔開けのケガキをしたと
考えてよろしいのでしょうか?

同様のことはいつもやってみるのですが、
ガイドとなるべき線材の位置が悪くて
成功したことがありません。

投稿: 初瀬春日 | 2011年5月13日 (金) 08時28分

>できあがったボンネットをガイドに孔開けのケガキをした
その通りです。平板のうちにボンネットに当ててボールペンで外側形状を写し取り、内側約1mmに目分量でマジックで点を打って、高速ボール盤で穴あけしました。
穴はφ0.55で線はφ6.0、リーマできつめに調整して内側に3mmほど出しておき、若干角度を調整してピタリ収まりました。まぐれですね。

投稿: ozu | 2011年5月13日 (金) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/39968427

この記事へのトラックバック一覧です: On2のDL-その7:

« On2のDL-その6 | トップページ | On2のDL-その8 »