« On2のDL-その4 | トップページ | On2のDL-その6 »

2011年5月11日 (水)

On2のDL-その5

上周りはまずボンネット側面のドアからぼんね始めます。
ルーバー表現はエッチングが一般的ですがOナローでは平面的になってしまいます。
今回は立体的に表現してみます。
t0.3の快削黄銅板を一回り大きなテープでベーク治具に貼り付け、フライスで送りながら穴あけをします。
1105100002

途中送りを間違えて余計な穴が開いています。
余白に折り曲げようの治具分の穴も明けておきます。
穴はφ0.55で、リーマで軽くさらってφ0.6の洋白線をコの字に曲げて嵌め込み、ソルダーペイントを塗ってバーナーで一挙に炙ります。
1105100004

本来はプレス抜きで片側に穴が開くので、この表現方法はいまいちです。
何か良い表現方法は無いでしょうか。
ハンドプレスがあれば型を作って実物のように打ち抜くのが一番いいのでしょう。
いつかは試してみたいです。

次にボンネット前面のグリル保護を作ります。
まずはハンダ付け用の石膏ボードに方眼紙を貼り付け、幅1mmと0.8mmの帯板をセロテープで貼り付けます。
1105100005

ハンダ付けをして、取付部分を折り曲げます。
ヤスリでV溝を入れて折り曲げましたが・・・・・
1105100007

一箇所折れてしまいました。
やり直しです。
1105100010

今度はバラケ無いように各交点に線を植え、折り曲げもV溝を掘らないでやってみました。
小さなZ曲げは型押しでもしないと難しく、想定していたより厚くなってしまいました。
ボンネット前面を切り出してハンダ付けしました。
1105110001

色々なタイプがあるようなので、こんなのがあってもいいでしょう。

|

« On2のDL-その4 | トップページ | On2のDL-その6 »

On2」カテゴリの記事

コメント

蟻溝用のアンギュラカッターは如何でしょう、
ルーバー表現に多用しています。

投稿: ハーイ | 2011年5月11日 (水) 21時58分

なるほど、そういう手も有りますね。

投稿: ozu | 2011年5月12日 (木) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/39942872

この記事へのトラックバック一覧です: On2のDL-その5:

« On2のDL-その4 | トップページ | On2のDL-その6 »