« アルの木造客車-その9 | トップページ | アルの木造客車-その11 »

2011年7月14日 (木)

アルの木造客車-その10

どうもいけません。右胸の痛みがとれず、寝返りでも痛いので睡眠不足です。
どうやら肋骨にヒビが入っている模様。
おまけに今日は右手の親指を後述の屋根用アルミ板でスパッと切ってしまいました。

後10日になってしまいました。
車体を延長しているので、屋根板はキットのものはそのままでは使えません。
それにせっかく軽量化しているので、以前サンプルでいただいたハンダメッキアルミ板を使うことにします。
長さを決めて3本ロールで丸めます。
1107100002

この板、アルミと言ってもかなり硬いです。おそらく高力アルミなのではないかと思います。
少しきつめに曲げておいて、幅をカットした後屋根のカーブにあわせて修正していきます。
この時、シャーリングした角で指を切ってしまったのです。
幅10mm深さ1mm位ですが、結構血が止まりませんでした。

デッキの上部にはキットの飾り帯をつけました。
1107120003

ただし、これはイモ付けになるので強度が心配です。
1107130004

屋根は当初から2段屋根にするつもりでしたが、オプションを使うにしても延長しなければなりません。
ためしにアルミ屋根を仮に乗せてみたら、割りに良い感じなのでとりあえずシングルでいくのもいいかもしれません。
1107140012

3本ロールは両端がきれいに曲がりませんので1枚の素材から2両分しか取れませんでした。
もう一枚曲げなければなりません。
1107130010

荷物室の仕切りはt0.3に1x0.2の帯を裏表に貼り、ドア窓を開けたものを取り付けました。
1107130006

大分形になってきました。もう一歩です。


|

« アルの木造客車-その9 | トップページ | アルの木造客車-その11 »

16番客車」カテゴリの記事

コメント

お大事に…

小生は、Oナローのモジュール作成中に左手の薬指、中指、人差し指と順番に切りました…orz

モジュールは取りあえず連結可能ですが、完成まではまだまだです…

客車競作は、間に合いそうもありません…orz

投稿: 穴熊 | 2011年7月14日 (木) 06時34分

なるほど、秘蔵のハンダメッキアルミ板ですか。
軽量化に徹してますね。

シングルルーフも結構いけるんじゃないかと思います。
逆に、他の方が(私も含めて)みんなダブルルーフなので、
ちょっと違う形態があった方が注目されるかも知れませんよ。
それに、このキットの構造だと後日に上屋根を後付けするのも
簡単ですから、とりあえずはシングルでの竣工も有りだと思います。

室内仕切り板のドア表現はこの手があったのですね。
思いつきませんでした。
全体の厚みを押さえようと、0.2mmの3枚重ねで作ったら
ゆがんでしまいました。
ぜひ、次回からの参考にと覚えておきます。

1カ所でもケガすると何だか身体のバランスが悪くなって、
他の部分にも負担がかかってしまいますね。
お気を付けて作業に励んで下さい。

投稿: 初瀬春日 | 2011年7月14日 (木) 08時42分

穴熊さん、初瀬春日さんありがとうございます。
動けないわけではないので何とか完成まで持って行きたい思います。

投稿: ozu | 2011年7月14日 (木) 14時26分

大丈夫ですか?
私も10年程前、什器が崩れてあばら横に当たり、暫くその場へ蹲って息が出来なかった事がありました。
しばらくは無理をなさらぬ様 お大事になさって下さい。

投稿: はまとん | 2011年7月14日 (木) 16時27分

はまとんさん、ありがとうございます。
15年ほど前に自転車でこけた時には、酔っ払っていて型からもろに落ちて、鎖骨がぽっきりおれました。
それに比べれば今回は軽いほうですが、年を考えて無茶しないよう気をつけないといけないですね。

投稿: ozu | 2011年7月14日 (木) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/40803564

この記事へのトラックバック一覧です: アルの木造客車-その10:

« アルの木造客車-その9 | トップページ | アルの木造客車-その11 »