« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月23日 (土)

アルの木造客車-その11

またまた間が空いてしまいました。
いよいよ締め切り間近です。

Hさんに習って合造車にブレーキハンドルをつけようと思います。
まずは1.2mmの角線に切り込みを入れて
1107140002_2

薄板でL型のリンクを作ります。
1107140004_2

帯板や線材を組み合わせてこんな風にしました。
1107140007

ところが、コレはボツです。
ちゃんとした検討もせずに作ったため、いざ車体に合わせてみると台車が首を振らなくなってしまいました。
仕方なく、テスリの内側に付くタイプに変更しました。

終盤は駆け足になってしまったので、大分荒い仕上になってしまいました。
とりあえず塗装を済ませました。
色は通常は濃緑かこげ茶が良いのでしょうが、ちょっと違った感じも面白いと思い、赤2号としました。
窓枠と貫通ドア、内装がニス色です。
1107230021

台車はKDのアーチバーにコンさんのφ9.5スポークをはかせましたが、まだ軸受カップはつけていないのでがばがばです。
窓ガラスと内装はちょっと間に合いませんでした。
明日は出かけて遅いので、月曜にまとめて投稿します・・・・・・やれやれ何とか間に合いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

アルの木造客車-その10

どうもいけません。右胸の痛みがとれず、寝返りでも痛いので睡眠不足です。
どうやら肋骨にヒビが入っている模様。
おまけに今日は右手の親指を後述の屋根用アルミ板でスパッと切ってしまいました。

後10日になってしまいました。
車体を延長しているので、屋根板はキットのものはそのままでは使えません。
それにせっかく軽量化しているので、以前サンプルでいただいたハンダメッキアルミ板を使うことにします。
長さを決めて3本ロールで丸めます。
1107100002

この板、アルミと言ってもかなり硬いです。おそらく高力アルミなのではないかと思います。
少しきつめに曲げておいて、幅をカットした後屋根のカーブにあわせて修正していきます。
この時、シャーリングした角で指を切ってしまったのです。
幅10mm深さ1mm位ですが、結構血が止まりませんでした。

デッキの上部にはキットの飾り帯をつけました。
1107120003

ただし、これはイモ付けになるので強度が心配です。
1107130004

屋根は当初から2段屋根にするつもりでしたが、オプションを使うにしても延長しなければなりません。
ためしにアルミ屋根を仮に乗せてみたら、割りに良い感じなのでとりあえずシングルでいくのもいいかもしれません。
1107140012

3本ロールは両端がきれいに曲がりませんので1枚の素材から2両分しか取れませんでした。
もう一枚曲げなければなりません。
1107130010

荷物室の仕切りはt0.3に1x0.2の帯を裏表に貼り、ドア窓を開けたものを取り付けました。
1107130006

大分形になってきました。もう一歩です。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

アルの木造客車-その9

思わぬ不注意でずいぶん遅れてしまいました。
漸く体の痛みも取れてきたので、気合を入れてやらないと間に合いそうにありません。

エンドビームは木製で行く予定でしたが、テスリの固定がうまくいきそうに無かったためHさんと同じ1mmの快削真鍮をフライスして造りました。
1107030002

元のエンドビームを折り曲げ線で折り取ってしまい、仕上てから1mmエンドビームをハンダ付け、
テスリの取り付け穴は現物あわせでφ0.65であけました。
1107030004

中梁はガラエポ基板を4mmにシャーリングしてハンダ付け、ぼるスターはありあわせの丸型真鍮製をハンダ付け
当初は配線を考えて床板に絶縁溝を掘っていましたが、結局導通してしまい、両側絶縁車輪を使わざるをえません。
室内灯は無しかなあ・・・・
1107070007

キングポストはHさんと同じようにキットの物を利用しましたが、裏の補強は1x1角線にしました。
ターンバックルは同じように作ろうとしましたが細かすぎて私には無理、結局φ1のパイプに0.65の穴を開け、0.6の洋白線に通しただけで向こうは透けていません。
1107090009

だんだん手抜きになってきました。
1107090013

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

イタイ!!

今日銀行に行く用事があり、あまりに暑いのでついでに床屋でイチローカット(ちょっと長めのスポーツ刈り)にしてもらおうと自転車で出かけました。

片側2車線道路を渡るのに、信号を渡ればいいのにちょうど車が来なかったので交差点でないところでわたろうとしたら・・・
センターラインがもっこり高くなっているのに気が付かず転倒!!
手足顔、体中擦り傷や打ち身です。
とりあえず自転車を起こし、100mmほど先のコンビに二自転車を止めようとしてめまいがして再び転倒
意識が戻ったところでコレはまずいと思い、脇の日陰で休むことに・・・ところがここでもめまいでひっくり返ったみたいです。
やむなく出かけるのは断念して家に帰りました。
右ひざとおでこが擦り切れて真っ赤です。
とりあえず頭を打ったとか言うことではなさそうで、もう少し様子見です。

またまた老いを自覚させられた出来事でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

アルの木造客車-その8

いよいよお尻に火がついてきました。
期限まで残り3週間、塗装を考えれば工作できるのは2週間も無いわけで、ちょっとあせっています。

まずはいつものドア取っ手、0.5の洋白をLにまげてヤスリ仕上げです。
1107030001

車端のテスリと共にハンダ付けしました。
1107030006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

On18のDL-その8

この手の機関車は台枠の四隅にブロックのようなものがボルト止めされているものがあります。
おそらく粘着を稼ぐためのウエイトだと思います。

取付ボルトは埋め込まれているので、2mmの真鍮板に0.65の穴を開け、φ1.4で板厚の半分座繰ります。
リーマで少し穴を広げ、φ0.7の真鍮線を埋め込みました。
模型でもしっかりウエイトの役目を果たします。
1106290001

これを四角に切り分けますが、中央は切り込み位置を間違えました。
1106290005

こういう作業は苦手で、寸法も直角もそろっていません。
1106290010

次は軸受です。
これまではパーツを使ってきました。
今回もAさんと同じアルのパーツを使う予定でしたが、そうすると台車が半分無駄になってしまいます。
そこでスクラッチしてしまうことにしました。

まずはt0.3に5個ずつ穴を明けます。
なお今回からコンさんに習って予備を作ることにして、5個のパーツを作ります。
1106300014

同じくt0.8に5個ずつ穴を開け、3mm幅に仕上たものを一箇所ずつ重ねてφ0.5の線を通してハンダ付け
1106300017

軸箱はφ2を旋削して
1106300020

軸位置に嵌め込んで、補強の帯材をハンダ付けして切り離し、軸バネは2mmのネジをカットしたものです。
1106300027

台枠への取り付け時にバラケてしまい一苦労、何とか形になりました。
1107010043

1107010030b

なお、運転台がかなり狭くて窮屈なので、シート位置を2mmほど後ろに変更しました。
運転士は韓国製プラモに入っていたアメリカ兵の改造です。
膝や肘、手首と首を切断し・・・物騒な話です・・・・・角度や向きを変更しています。
右手首は紛失したため、ランナーからそれらしく作りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »