« On18のDL-その7 | トップページ | アルの木造客車-その8 »

2011年7月 1日 (金)

On18のDL-その8

この手の機関車は台枠の四隅にブロックのようなものがボルト止めされているものがあります。
おそらく粘着を稼ぐためのウエイトだと思います。

取付ボルトは埋め込まれているので、2mmの真鍮板に0.65の穴を開け、φ1.4で板厚の半分座繰ります。
リーマで少し穴を広げ、φ0.7の真鍮線を埋め込みました。
模型でもしっかりウエイトの役目を果たします。
1106290001

これを四角に切り分けますが、中央は切り込み位置を間違えました。
1106290005

こういう作業は苦手で、寸法も直角もそろっていません。
1106290010

次は軸受です。
これまではパーツを使ってきました。
今回もAさんと同じアルのパーツを使う予定でしたが、そうすると台車が半分無駄になってしまいます。
そこでスクラッチしてしまうことにしました。

まずはt0.3に5個ずつ穴を明けます。
なお今回からコンさんに習って予備を作ることにして、5個のパーツを作ります。
1106300014

同じくt0.8に5個ずつ穴を開け、3mm幅に仕上たものを一箇所ずつ重ねてφ0.5の線を通してハンダ付け
1106300017

軸箱はφ2を旋削して
1106300020

軸位置に嵌め込んで、補強の帯材をハンダ付けして切り離し、軸バネは2mmのネジをカットしたものです。
1106300027

台枠への取り付け時にバラケてしまい一苦労、何とか形になりました。
1107010043

1107010030b

なお、運転台がかなり狭くて窮屈なので、シート位置を2mmほど後ろに変更しました。
運転士は韓国製プラモに入っていたアメリカ兵の改造です。
膝や肘、手首と首を切断し・・・物騒な話です・・・・・角度や向きを変更しています。
右手首は紛失したため、ランナーからそれらしく作りました。

|

« On18のDL-その7 | トップページ | アルの木造客車-その8 »

On18」カテゴリの記事

コメント

軸受けまで作ってしまうとはサスガです。
M2のネジがバネもイイですね。
イヨイヨ塗装でしょうか?楽しみです。

投稿: カワイ | 2011年7月 1日 (金) 16時23分

いやあ、先に進むほどずれたり曲がったりで、アラだらけになってきてしまいました。
最後まできちんとしたものを作りたいものです。

投稿: ozu | 2011年7月 1日 (金) 18時16分

お~っ、素晴らしい出来ですね。
On18のお仲間ですね。日本のOn18ゲージャーは、
OZUさん、まーくんさん、akinoriさん、家元さん、railtrackさん、Bukijunさん、OHagiの7名になりましたね。日本On18協会の発足ですかね!?(笑)

投稿: OHagi | 2011年7月 1日 (金) 19時40分

漸く形になりました。
しかしもう目が限界です。
そろそろ大きい方向にシフトしなければ無理かもです。

投稿: ozu | 2011年7月 1日 (金) 21時01分

この手の着座位置のロコって、実物だと貨物を牽引してガツンとブレーキかけると、落っこちたりしないの?と心配になったりますね(笑)

私も細かいものを見るのがしんどくなってきましたが、ルーペがあればまだまだいけそうです。

というか、よ~っく考えるとスケールが違っても「パーツの大きさは同じ(ラージスケールになれば、その分詳細化したくなる)」のような気もしますが・・

投稿: ム | 2011年7月 2日 (土) 18時22分

スピードが遅いから大丈夫なんでしょうね。
スケールの点はおっしゃる通りなんですが、実際やってみると線材一つとっても倍くらい太さが違うわけで、ずいぶん違うものです。
模型とはどこまで妥協するかと言うことであり、目に来てしまうとその妥協しなければならない点がはるかに増えてしまうのです。
きっとムさんもそのうち判ると思いますよ。

投稿: ozu | 2011年7月 2日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/40626503

この記事へのトラックバック一覧です: On18のDL-その8:

« On18のDL-その7 | トップページ | アルの木造客車-その8 »