« カーブモジュール-その8 | トップページ | Bタンク-その12 »

2011年9月20日 (火)

Bタンク-その11

一年前から仕掛で止まっていたフェルトバーンのBタンクですが、いよいよアルモデルから製品が出ますので、何とかその前に完成させたいと思い続きを始めました。

まずは煙室サドルです。
0.5tにリベットを打って、丸めて切り抜きます。
1109190004

サドル本体は丸棒をフライスのフライカッターで円弧と側面を加工して、スリワリカッターで切り出して出来上がり。
1109190005

ボイラーにハンダ付けしてとりあえず形になりました。
1109190010

残りは、テスリ、ステップ、煙室扉位でしょうか?

|

« カーブモジュール-その8 | トップページ | Bタンク-その12 »

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
会合ではたいへんお世話になり、
ありがとうございました。
Bタンク間に合いますね。
祭りで見せていただけるのを
楽しみにしています。

投稿: さくてつ | 2011年9月20日 (火) 05時53分

切削面が美しくてほれぼれします。
ボイラーに付けた差さえ板は
サドル側に取り付けることもあるようですが
(市販パーツはたいていそうなっています)、
ボイラーに取り付けた方が
ボイラーと密着してよさそうですね。

サドルを角材ではなく丸棒から削りだしたのは
何か理由があるのですか?

投稿: 初瀬春日 | 2011年9月20日 (火) 09時44分

>さくてつさん
他にもやりたいものが一杯あって塗装まで間に合うか微妙ですが、何とかがんばってみます。

>初瀬春日さん
差さえ板は本来サドルをボイラーに固定するためのものなのでサドル側に付くのが正解でしょう。
工程の都合でこのような写真になりましたが、実際は両方ともボイラーにハンダ付けしてしまいました。
丸棒を使ったのはたまたま使いかけが目の前にあったからで、特に意味はありません。
小さな端材なんかも捨てずにけち臭く取ってあり結構利用しています。

投稿: ozu | 2011年9月20日 (火) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/41840045

この記事へのトラックバック一覧です: Bタンク-その11:

« カーブモジュール-その8 | トップページ | Bタンク-その12 »