« 軽便ボギー電車-その3 | トップページ | 軽便ボギー電車-その5 »

2011年11月 3日 (木)

軽便ボギー電車-その4

屋根を作ります。
まずはベースとなる下屋根と明り取りを切り出します。
ベースは断面を雨樋に見立てます。
1111010001

これらを接着し、↓の用に上屋根を受ける補強を入れておきます。
1111010005

上屋根は、長手に紙の目をそろえた2枚の紙をボンドで張り合わせ、スプレー缶等に当てて輪ゴムを撒きつけ乾燥させます。
1111010009

乾燥したら、おでこの部分に横方向のスリットを入れて型を作ります。スキマが大きく開いていますが、瞬間接着剤と重曹を使って埋めます。
1111010010

パテとサフェを塗って、一回目のペーパーをかけたところです。
1111020013

補強の無い明かり窓の部分ハ弱いため、かなり波打っているのが分かります。
1111020013_2

サフェとペーパーがけを何度か繰り返し、大分よくなってきました。
1111030015

もう少しやったら次の工程に進みます。

|

« 軽便ボギー電車-その3 | トップページ | 軽便ボギー電車-その5 »

軽便ボギー電車」カテゴリの記事

コメント

ペーパー工作もずいぶん手慣れたものですね。

おや、こんなところに某事務局のはがきの有効利用ですか?

投稿: railtruck | 2011年11月 3日 (木) 05時32分

手際がいいですね。
私はペーパーはどうも苦手(じゃあ、なにが得意なんだ?と突っ込まないでね)なので、こういう風にきれいに作れないな。

投稿: ム | 2011年11月 3日 (木) 06時45分

おはようございます。
おぉ、ペーパー製Wルーフだ!この工法はまだ採用したことがないんですよ~。メモメモ・・。

投稿: さくてつ | 2011年11月 3日 (木) 06時50分

>railtruckさん
大昔を思い出しながらやってますが、写真写りがいいだけで実際は結構荒い仕上がりです。
ばれちゃいましたね、これはがきではなくてレターパックです。

>ムさん
ムさんも色々やってるじゃないですか
ずいぶん参考にさせてもらってます。

>さくてつさん
この工法はやってみると結構簡単に出来ますよ。

投稿: ozu | 2011年11月 3日 (木) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/42821568

この記事へのトラックバック一覧です: 軽便ボギー電車-その4:

« 軽便ボギー電車-その3 | トップページ | 軽便ボギー電車-その5 »