« 軽便ボギー電車-その7 | トップページ | ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ »

2011年12月 5日 (月)

軽便ボギー電車-その8

センターピンを作ります。
ロッドピント同じ作り方ですが、今回はM2のネジを使いました。
1112010002

また、先日仮に取り付けていたセンターベアラーのスペーサーも正式なものを作りました。
1112010004

さて、下回りはこの辺で一旦置いておいて、次にパンタグラフを作ります。
16番では何度か作ったことがありますので、Oスケールなら楽だろうと思いましたが、老眼の進行でかなり苦労しました。
まずは下枠から作ります。
1112040007

軸はφ1.0、枠はφ0.6洋白を使いました。
φ1.0のセンターにφ0.6の穴を明けるのがうまくいかなくて、超硬ルーマードリルを5,6本折ってしまいました。
結局ハイスのドリルに代えて穴あけしました。
ヒンジ部分は通常別パーツをつけますが、私は線をつぶして穴を明けることですっきり仕上ています。

こちらは上枠です。ヒンジ部分の曲げがごつかったかも知れません。
1112040009

斜め補強をハンダ付けしてくみ上げるとこんな感じになります。
1112040012

一枚シューは洋白レールを使います。
まずは長さにカットして、上下同じ幅のI型鋼のような断面にします。
1112040014

両端に切り込みを入れてから先を舟形に曲げ、軽くハンダ付け、さらに弓形に曲げて仕上ます。
1112040018

ここでいきなり組みあがりです。
台枠は未完なので、仮に木の板に両面テープで貼り付けてあります。
1112050021

車体に乗っけてみました。
1112050027

上昇ストッパーが付いていません。
ちょっと華奢すぎたかも?・・・φ0.6ではなくてφ0.7で良かったかもしれません。

|

« 軽便ボギー電車-その7 | トップページ | ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ »

軽便ボギー電車」カテゴリの記事

コメント

蒸機だけでなくパンタも素晴らしい出来ですね!
特にシューはグッドアイデアだと思いますが、
最初に削るのが難しそう。
別件ですがレールを削るのに保持できなくて
えらい苦労した覚えがあります。
どうやって押さえられたのかご教授いただけると嬉しいです。

私見ですが、線の太さも、上がりすぎに見える上昇具合も
ナローっぽくて私には好ましく見えます。

投稿: 初瀬春日 | 2011年12月 5日 (月) 08時52分

16番感覚で作ってしまいまだまだです。
レールを削るときは、まず片側の出っ張り部分を万力で咥えて反対側を削り、ひっくり返して今度は全体(レールの高さ)で咥えてもう片方を削っています。
レールはスライドバーやロッドにも使えると思うので、切れ端など捨てずにとってあります。

投稿: ozu | 2011年12月 5日 (月) 10時03分

おはようございます。
すっとしたパンタ、似合いますね~。
ハードルが高いので、ウチは電車はパスということに・・・。

投稿: さくてつ | 2011年12月 6日 (火) 07時44分

ハードル高くないですよ。
コツをつかめばどうってことないです。
今回は前回から大分時間がたっていたので色々ありましたが、いくつかコツを思い出しましたので次は楽勝でいけそうです。

投稿: ozu | 2011年12月 6日 (火) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/43259028

この記事へのトラックバック一覧です: 軽便ボギー電車-その8:

« 軽便ボギー電車-その7 | トップページ | ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ »