« 炭素棒ハンダ付け装置のその後2 | トップページ | やっちまった・・・ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その4 »

2011年12月28日 (水)

炭素棒ハンダ付け装置その後2の補足

これまでにフューズを3回飛ばしています。
現在は3Aが付いています。
フーズが飛ぶ理由は、Dさんも指摘していますが、炭素棒ホルダー部の真鍮や、炭素棒固定ネジが、通電中にアース側に触れて起こります。
まず一発で飛びます。
通常使用時は多少長い時間通電していてもフューズは飛ばないようです。
そこで、コンさんのように炭素棒固定ネジをイモネジに代え、さらに全体を熱収縮チューブでカバーしてしまいました。
固定ネジ部はくりぬいて、炭素棒のみ顔を出すようにします。
1112280002

これで完璧です。

|

« 炭素棒ハンダ付け装置のその後2 | トップページ | やっちまった・・・ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その4 »

工具」カテゴリの記事

コメント

「熱収縮チューブでカバー」目からウロコでございます。

投稿: 穴熊 | 2011年12月28日 (水) 18時37分

これは恐れ入りました。あまり熱くならないので、十分もつでしょう。

投稿: D | 2011年12月28日 (水) 18時52分

実際使ってみて3回ともショートが原因だったので何とかしなくてはと思いました。
手元にあった熱収縮チューブとほっとがんでうまく出来ました。
熱でやられたら付け替えてやればいいだけです。
熱収縮チューブはホームセンター当でも手に入りますので、皆さんもやられると良いと思います。

投稿: ozu | 2011年12月28日 (水) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/43541246

この記事へのトラックバック一覧です: 炭素棒ハンダ付け装置その後2の補足:

« 炭素棒ハンダ付け装置のその後2 | トップページ | やっちまった・・・ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その4 »