« ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その3 | トップページ | 炭素棒ハンダ付け装置その後2の補足 »

2011年12月28日 (水)

炭素棒ハンダ付け装置のその後2

使い勝手も大分慣れてきました。
ためしに大宮で手に入れたワールド工芸のジャンクパーツの中からHOナロー用の台車を組んで見ました。
エッチング蛇腹折で7枚重ねで表現するものです。
折り曲げた後、スキマにソルダーペイントを薄めたものを塗り、最初は軸箱蓋を炭素棒で押さえて一発
ハンダは付きましたが、やはり少々跡がのこります。
そこで裏返して裏側から当ててみました。
見事に付きました。
1112270006

一番上が表から当てたもの、残りは裏から当てたものです。
拡大してみると
1112270007

1112270008

こんな感じです。

次に同じく16番私鉄電機の台車を組んでみました。
こちらもエッチング板の折り曲げ重ね合わせで組むわけですが、ちょっと押さえ等やり難かったので、こんなものを作ってみました。
1112280003

アース線を二股にして、それぞれに圧着端子を取り付けて、アルミの洗濯バサミの中に仕込みます。
アース板の代わりに、ワークを直接クリップしてしまうと言うものです。
これを使ってハンダ付けした台車です。
1112280008

うまくいきそうなのでちゃんとしたクリップを作ろうと思います。

重要事項;上記のクリップを用いてアースをとる方法は、Dさんが推奨している方法とは異なりますので
もしも真似してやられる方は安全に充分留意され、あくまで自己責任において行ってください。

|

« ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その3 | トップページ | 炭素棒ハンダ付け装置その後2の補足 »

工具」カテゴリの記事

コメント

私も炭素棒キット一式を分けてもらいました。

私も同じようにクリップでとめたり、
ピンセットでつまみながらハンダ付けすることが多いです。
板の上に置いて押さえながらやる方法はどちらかと言えば苦手です。

炭素棒方式では敷板にアースするので、
敷板の上に置いて押さえる方法で上手く行くかどうか、
思案中だったのですが、
このようにクリップでアースしてしまえばいいわけですね。
これは大いに参考になりました。

投稿: 初瀬春日 | 2011年12月28日 (水) 12時17分

クリップは普通のワニグチなどではまずく、しっかり電流が流れるものにする必要があるようです。
私は真鍮削りだしで作るつもりです。
半田ごてと違って瞬間しか発熱しないので、炭素棒そのもので押さえたり、手で押さえたり出来るのがいいですね。

投稿: ozu | 2011年12月28日 (水) 12時51分

クリップやワニ口は接触抵抗が意外に大きく、そこで発熱します。極端な時は赤熱します。
クリップは複数を使って安全な方法でお願いします。

投稿: D | 2011年12月28日 (水) 18時50分

Dさん、了解しました。
充分な安全策をとります。

投稿: ozu | 2011年12月28日 (水) 19時41分

ozuさま:

はじめまして。northerns484と申します。以前炭素棒ハンダ付け機を試作した時は、下の写真のようなクリップを作りました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/24/e9/0f036be27be3969ec23dea4e47b93776.jpg

40mmの目玉クリップに、1mm厚10mm幅の板を2枚ハンダ付けしただけのものです。接触面積が広く取れるので、わに口クリップなどに比べて問題は少ないのではないかと思います。また、圧着端子にねじ止めできるので、別のものに付け替えることもできるのも便利かと思います。
この板のとりつけそのものが、初めて炭素棒ハンダ付けしたものだったりするので、仕上がりがいまいちですが、ご参考になればと思い、紹介させていただきます。

投稿: northerns484 | 2012年1月 2日 (月) 11時02分

northerns484さん、コメん戸ありがとうございます。
これは良いアイデアですね。
つける板の形状でいろんなタイプが作れそうです。

投稿: ozu | 2012年1月 2日 (月) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/43538282

この記事へのトラックバック一覧です: 炭素棒ハンダ付け装置のその後2:

« ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その3 | トップページ | 炭素棒ハンダ付け装置その後2の補足 »