« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

ローレット工具を改良しました

せっかく作った工具が使えないのも癪なので改良しました。
当初はコマ3つで軸を挟み、パイプカッターのように手回しで加工するものを考えて図面を書いてみましたが、
ふと、今あるものを改良して出来ないかと思いたちました。
改良点は
下アーム;コマを追加して2点受けにする。
上アーム;下アームに合わせて短くしてコマ位置をずらす。
こうして出来たものが↓です。
1201250004

のこぎり状のコマの刃は、3個共同じ向きにそろえた方がローレット溝が出来やすいようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

失敗

昨日のローレット工具ですが、せっかくお褒めの言葉をいただきましたが失敗でした。
ワークの軸径が細く、またコマの外径も小さいため、軸芯を合わせても回転方向に力がかかりずれてしまいます。
無理に加工しようとするとワークが曲がってしまいます。
また、目が細かく、拡大してみるとうろこのようになっているために、通常の平目ローレットのようにはならず面が荒れるだけであまり径が大きくなってくれません。
やはりちゃんとしたローレットコマが必要なようです。
とりあえず何とかならないかと、コマを3個使ったタイプを考案中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

芦別のバグナル-その4

ギア部分のニゲを加工しました。
1201210002

もうお気付きの方もいると思いますが、主台枠は2台分平行して作っています。
最近失敗が多いので予備として作ってきたものです。
今のところ、細かな間違いは多々あるのですが、体制に影響ない状態で出来ています。
そうなるともったいないし、「キャブ内は作らないの」と言う天の声も聞こえてきました。
芦別の17号機は密閉キャブで、内部はよほど覗かない限りほとんど見え無いので、キャブ内にはモーターを入れるつもりでいます。
そこで、2台目は佐世保の12号機にすることにしました。(と言っても同じ機関車ですが)
佐世保時代はキャブドアが無いので中が見えます。
こちらのモーターはアルモーターにして火室内に収めます。
モーターブラケットは4mm厚から切り出したものです。
1201210006

さて、動輪ですが、ベアリングもプラギアも内径2mmなので、軸は必然的に2mmを使います。
ところが動輪軸を抜いてみると2.5mmあります。
仕方が無いのでφ2.5xφ2のパイプをブッシュとして使うことにしました。
1201220007

パイプの外径を若干テーパーに削って、動輪に半分ほど入るようにしてから3,5mmにカット、ロックタイトをつけて圧入しました。
しかしながら、内径は少しプラスしているようで、2mm軸がゆるゆるです。
ローレットをきるしかないのですが、市販のローレット工具は大きすぎます。
無いものは作ってしまえと、車軸専用のローレット工具を作りました。
1201230006

材料は1/4インチの角棒(錆びだらけの自動盤のバイトの柄です)を使いました。
ローレットコマは、捨てられた使い捨てライターの着火部分の部品です。
1201230007

幅3.5、外径6.8くらいで、なるべく目の粗いものを選びました。
このパーツは目が山形ではなくてのこぎり状になっていますので、リューターのビットとしても使えます。
取り付けはQCTPのブランクにM3タップを立てました。
1201230001

ちょっと目が細かすぎますが、何とか実用にはなりそうです。
1201230004

動輪を組む前に、位相の確認用にサイドロッドを先に作りましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

芦別のバグナル-その3

やっぱり1/80・・・TMS旧号のコンさんの記事を読み直してみるとちゃんと書いてありました。
思い込みで設計していると失敗すると言う見本です。

台枠の加工を進めました。
車軸の入る溝を彫り、次に90度咥えなおしてギア穴を2mmのセンタードリルでもみつけました。
次にこの穴を高速ボール盤で深く加工します。
前回、深穴までフライスで加工して失敗しているので、今回は加工方法を変えました。
1201200001

ギア軸が外から見えてしまうので、蓋をすることにして深さ0.3の溝を彫りました。
1201200002

この穴は止まり穴で反対側には抜けていません。
台枠は左右に分割なので、内側から止まり穴を明ければ蓋をする必要は無いと思われるかも知れませんが、ウォームホイール軸は左右のブロックにかかっており、精度を出すため同時加工する必要がありました。
また、下のアイドラー軸は片持ちとなるため、ぎりぎりまで深くしたかったのです。
この溝をエッチングキットの端材で埋めてハンダ付けします。
1201200005

仕上た後はこんな感じです。わずかにに筋が見えます
1201200007

なお、第二動輪のベアリングはDさんから分けていただいたL520を使うつもりでしたが、手元につば付のLF520 があったのでこちらに変更しました。
また、モーターは当初15x19を使う予定でしたが、とりあえず12x15で行くことにして、モーターブラケットをT1.0から作りました。
1201210001

明日はギアのニゲを彫り込んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

芦別のバグナル-その2

代わり映えしない図面でつまらないかも知れませんが、図面上細かな部分を修正しました。
Easydraw_no172

側面図はCAD図に画像を重ねているので汚く見えると思います。

ほぼ目処が付いたので製作にかかりました。
台枠幅は、いつもは7mm+5mm=12mmですが、今回はイコライザーが付かないので8mm+5mm=13mmとしました。
また、左右の合わせは通常2mmのネジ2本ですが、今回は3本としています。
この構造はあわせのネジが外から見えてしまうのが難点です。
1201190002

ここからいろんな方向から彫り込んでいきます。
最近うっかりミスが多いので、間違えてオシャカを作らないように慎重に進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

芦別のバグナル

このところ家庭の事情で落ち着かない日々を送っています。
ペアハンの加藤は塗装をしようと分解して洗浄したものの、寒さにはめっぽう弱いのでそのままになっています。
ひょっとしたら春までおあずけかも・・・

さてそんな中、以前からOHagiさんと芦別森林のバグナルを競作しようと言っていながら手付かずになっていました。さくてつさんも参戦する創なので、この辺で重い腰を上げようと思います。
はるか昔TMSにJALCOのコンさんが発表され、昨年の軽便祭で展示されたあれです。

まずは図面を起こし、主用パーツの確認です。
実はコンさんのHOナローの図面を、x87÷48で拡大コピーしたものを元に設計していましたが
あれ、ちょっと変だなあ、大きいぞ・・・・幅40mm、長さ100mm、全高65mmあります。
金田さんの図面があったのを思い出し、設計しなおしです。
こうして書いたものがこちらです。
Photo

幅36mm、長さ92mm、全高57mmになりました。これならOKでしょう。
ひょっとしてコンさんのは1/80だったのかな?

2軸機ではロンビックにするのがベターなのでしょうけれど、構造的に自信がありません。
前回のフェルトバーンBタンクは、第一動輪を中央一点、第二動輪が固定の簡易3点支持でした。
これでは固定軸よりも多少集電効率が良くなる程度で、レールのつなぎ目などでの通過音はよろしくありません。
そこで今回は、基本構造は簡易3点支持ながら、軸にベアリングとバネを仕込んで走行性能の改善を試みようと思います。
さて、どうなりますことやら・・・・・

動輪はスケールではφ12.7になりますが、手持ちのφ12(多分カツミあたりです)を使います。
1201170004

バランスウエイトやスポーク本数が違いますが、そういうのはあまり気にしないことにしています。
モーターはジャンクの3Vモーターですが、密閉キャブなのでいつもより一回り大きいものを使います。
1201170005

下がいつものモーター、上が今回のものです。
大分大きさが違います。
最低限これだけあれば、後は野となれ山となれ・・・・・
ボギー電車もやらなければ・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その7

ヘッドライトを作りました。
φ3丸棒にφ1の横穴を開け、旋盤の芯押し台にφ2のボールエンドミルをつけて中ぐりをし、外形はヤスリを手バイトのように使って仕上ます。
横穴にはφ1のパイプをハンダ付けしました。
1201040001

0603(1.6mmx0.8mm)の白色チップLEDを中に仕込みました。
フロント側はラジエターキャップをよけてセンターからずらし、ボンネット上板に取り付けました。
1201040004_2

これはLEDの付き方が悪く、後に交換しています。

後ろ側は組説に従ってセンターにつけています。
1201040005

ボンネットカバーが外れるので、配線は中継接点を設けています。
これでほぼ生地完です。
1201090012

1201090009

1201090008

天気がいいので塗装をしたいところですが、寒いの苦手です。さあどうしましょ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

ペアーハンズの加藤3t大谷鉱山タイプ-その6

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

さて、今年の初工作は・・・・・
残っていたエンジンを組み立ては昨年中に終わっていました。
1201010001

1201010002

これは塗装後に接着するのだと思いますが、裏側にタップをたて、フレームの裏から皿ネジで固定するようにしました。
1201010004

実際の初工作はボンネットへのテスリの取り付け
エッチングのパーツが入っていましたが、洋白線に変更しハンダ付けしました。
1201010006

1201010009

これで生地完・・・と思ったらライトを忘れていました。
構内型には必需品です。
ホワイトメタルのパーツが入っていますが、点灯するため作り直します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »