« 芦別のバグナル-番外 | トップページ | 芦別のバグナル-その8 »

2012年2月12日 (日)

芦別のバグナル-その7

大失敗

モーションプレートを作ります。
スケール的には0.5mmくらいでいいかと思いますが、強度的なこと等で1mmを使うことにしました。
前回のフェルトバーンBタンクでは、後から追加したために、台枠に溝を彫ったり大変でした。
また、シリンダーと刃スライドバーで連結しているのみだったため、あまり良い構造ではなかったのです。
今回はシリンダーのブラケットとモーションプレートを一体とします。
まずが展開図を描きました。
No172

穴あけ、外周を除く形状加工、折り曲げ線の加工はフライスで行います。
まずは、間違えないように形状をケガキます。
1202100003

折り曲げ線はR1.0のボールエンドミルを使い、板厚の2/3彫りこみます。
形状加工はφ2のエンドミルを使い、1mmの板圧を一気に抜いてしまいます。
外周も落としたいところですが、押さえるところがなくなってしまうので、ここは後で糸鋸で切り抜きます。
1202110004

抜き終わりはこんな感じです。
1202110007

切り抜いて折り曲げて出来上がり・・・・のつもりだったのですが
1202120011

折り曲げ寸法を間違えたようです。
このままではシリンダー中心が第二動輪の軸心よりかなり低くなってしまいます。

切断して切り継ぎも考えましたが、うまく行きそうにありません。
仕方ないので図面を直しました。
No172b

改めて作り直しです。
1202120014

1202120021

今度はうまくいきました。
1202120016

継ぎはシリンダーか、それともロッドを仕上ることにしましょうか

|

« 芦別のバグナル-番外 | トップページ | 芦別のバグナル-その8 »

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/44092566

この記事へのトラックバック一覧です: 芦別のバグナル-その7:

« 芦別のバグナル-番外 | トップページ | 芦別のバグナル-その8 »