« 芦別のバグナル-その6 | トップページ | 芦別のバグナル-その7 »

2012年2月 9日 (木)

芦別のバグナル-番外

昨日の初瀬春日さんの質問にもう少し説明を加えます。

まず動輪の可動についてですが。
各軸の断面図を下記に示します。
No172p

次にコネクターピンですが、手元にあったICソケットを利用したものです。
1202080012

こんなもので、これをニッパでばらしてピンだけ取りだしたものです。
1202080014

このピンは、スタッキングが出来るのでオスメスどちらにも使うことが出来ます。
1202080015

次に洋白の端材についてですが、昨日の一枚目の写真の抜いた中身はこれです。
1202080016

こんなのもあります。型式は忘れました(150かな?)
1202080017

こちらは上が5060、下が950です。
1202080018

この2台は唯一組み始めていますが、この状態で20年近くたってしまいました。
1202080019

このように、ワイヤーカットで抜いた残りは、ロッドとかイコライザーなどの小物部品を作るのに充分利用価値があるのです。

|

« 芦別のバグナル-その6 | トップページ | 芦別のバグナル-その7 »

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

ボークレインのシリンダーブロックもワイヤーカットでしたね。
拝見したのは横浜の集りではなかったでしょうか?

投稿: railtruck | 2012年2月 9日 (木) 14時37分

よくわかりました。ありがとうございます。
ICソケットはもっと小振なものが欲しくて探していましたが、
ピンだけ抜くという発想はありませんでした。
これはさっそく真似させていただきます。

投稿: 初瀬春日 | 2012年2月 9日 (木) 14時46分

>railtruckさん
お披露目したのは学士会館の時です。
あのときから進んでいないんです。

>初瀬春日さん
ICソケットは利用している方結構いるようです。
ちなみに、オス側はφ0.6の洋白線を短く切って使うともっとコンパクトになります。

投稿: ozu | 2012年2月 9日 (木) 18時59分

> お披露目したのは学士会館の時です。
あのときから進んでいないんです。

そうでしたか?ウチもその時に持っていった仕掛りがそのままの状態です。

投稿: | 2012年2月 9日 (木) 19時22分

一台ずつ仕上てから次に行けばいいのに、性格的に無理なんですよね。
これは一生直らないでしょう。

投稿: ozu | 2012年2月 9日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/44047190

この記事へのトラックバック一覧です: 芦別のバグナル-番外:

« 芦別のバグナル-その6 | トップページ | 芦別のバグナル-その7 »