« 謹賀新年 | トップページ | アル加藤7t-DL-パート2-その2 »

2013年1月24日 (木)

アル加藤7t-DL-パート2

ライトの取付で止まっているアルカトウですが、つい面白くなってしまい2台目をはじめてしまいました。
世の中はHOnはひと段落して、On版を作っている人がちらほら・・・・
私も手には入れてあるのですが、熱の冷めないうちにこちらを片付けましょう。

せっかく2台目なので、おまけのキャブ前妻を使い、さらにボンネットとドアを開けてしまおうと思います。
当然動力は1台目とは異なります。モーターをクラフトに変更。
回転数が上がるので、車軸のギアをm0.4の12枚から14枚に変更しました。
車輪は杉山模型のφ6.5です。

Photo

画面コピーなのでちょっと見にくいかも。
とりあえず出来ました。

1301210011s

1301210014s

車体を被せるとこんな感じです。

1301210001s

1301210002s

試運転しましたが、スローもまずまずで良い感じです。

ところが大ちょんぼに気がつきました。
わかりますでしょうか?

|

« 謹賀新年 | トップページ | アル加藤7t-DL-パート2-その2 »

HOナロー」カテゴリの記事

コメント

ボンネット上の筋とボンネット開にするラインが
合っていないことでしょうか?
私にはムリですがozuさまなら、チャチャッと
付け直して大丈夫ですね。
って、違っていましたらすみません。

投稿: カワイ | 2013年1月24日 (木) 16時41分

車輪が片絶なら、左側絶縁のルールに反することでしょうか?

投稿: railtruck | 2013年1月24日 (木) 17時42分

カワイさん、残念ながらハズレです。
ラインは元々ずれています。
誤記訂正しました。
ヒントは訂正箇所の足回りです。

投稿: ozu | 2013年1月24日 (木) 17時45分

railtruckさん、
ルール違反はご勘弁ください。
いつもはギア側を絶縁車輪にしてブラシをつけるのですが、9mmの場合、ブラシを固定するタップを立てるスペースがなく反対側に持っていっています。
最初から逆向きに設計すべきでした。

投稿: ozu | 2013年1月24日 (木) 17時54分

ozuさま、すみません。
私には・・・軸受と車輪の位置でもないですよね?
ただ、被せてアルだけで、ネジ止めすれば
ピシャッと決まるのでしょう・・・。
先生方のコメントをお待ちします。

投稿: カワイ | 2013年1月24日 (木) 19時03分

元の文はたしかm0.3ではなかったですか?
m0.4で14枚と来れば、ポイントやクロスは乗り入れ禁止ですね。違いますか?

投稿: railtruck | 2013年1月24日 (木) 19時38分

元の文はたしかm0.3ではなかったですか?
m0.4で14枚と来れば、ポイントやクロスは乗り入れ禁止ですね。違いますか?

投稿: railtruck | 2013年1月24日 (木) 19時39分

「アプト式」でしょうか?

投稿: 穴熊 | 2013年1月24日 (木) 20時03分

railtruckさん正解です。
m0.4で14枚、刃先径6.4、車輪がφ6.5ではポイントでこする危険があります。
設計段階では車輪径φ7で書いていましたが、1台目がφ6.4だったのでうっかり同じ車輪を使ってしまいました。
さてどうしようかな?

穴熊さん、まさかアプト式には出来ないですよね。

投稿: ozu | 2013年1月24日 (木) 20時46分

あぁ、クイズ終わってた。
ところでなんかボンネット内に丸鋸とステージがあるように見えてなりません

投稿: akinori | 2013年1月24日 (木) 21時19分

ぎょ! akinoriさん丸鋸ですか?
あれは「ダルマヤギアチップス」と申します(笑)
ダミーエンジンで隠す予定です。

投稿: ozu | 2013年1月24日 (木) 21時40分

お久しぶりでございます。
あれ?ギアが金属になってますね(って、そういう間違いじゃないか)

私は最近、ギアの少ない車両ばかりの工作で・・・ちょっと飽きてきました(笑)

投稿: ム | 2013年1月24日 (木) 22時57分

ムさんも色々やっておられるようですね。
社長からも聞いています。

9mm等車輪径が小さく軸距離の短い車輌は、プラギアではギア比が稼げないため金属ギアを使わざるおえません。
その分高くついて困ります。

投稿: ozu | 2013年1月25日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アル加藤7t-DL-パート2:

« 謹賀新年 | トップページ | アル加藤7t-DL-パート2-その2 »