« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

アル加藤7t-DL-パート2-その3

ラジエター保護棒の工作です。
結論から言うと失敗です。

1台目はおまけパーツを使い線を植えました。
穴はエッチングのマークを平板のうちに抜きましたが、微妙に穴がズレ、折り曲げて重ねると線が通りません。
もう一度さらおうとしたらドリルを何本か折ってしまいました。

そこで2台目は、重ねてハンダ付けした後であけることにしました。
変化をつけるため、元は8本保護棒がつくところを、ピッチを変えて6本にしました。
ところが、やはりドリルが折れました。
しかも、フライスでピッチ送りをしたのに、裏から開けたためにドリルが曲がり、穴ピッチがぜんぜんそろっていません。

1301310003

直しようがないのでこのままいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

アル加藤7t-DL-パート2-その2

さて、動輪径の問題ですが、ポイント通過テストを行ったところ特に問題なさそうです。
とりあえずさしさわりが出るまではこのままで行くことにします。

その後あまり進んでいないのですが、テスリ等、車体のディティールをつけました。

1301260003s

ドアはドアレール一体の元のパーツを左右入れ替えてつければ良いと思っていましたが、ドアレールを帯板で別パーツとし、ドアは塗装後に張り付けることにしました。
現状は仮付けです。

ラジエター保護棒は、一台目は洋白線に変更しましたが、2台同じではつまらないので少々変化をつけるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

アル加藤7t-DL-パート2

ライトの取付で止まっているアルカトウですが、つい面白くなってしまい2台目をはじめてしまいました。
世の中はHOnはひと段落して、On版を作っている人がちらほら・・・・
私も手には入れてあるのですが、熱の冷めないうちにこちらを片付けましょう。

せっかく2台目なので、おまけのキャブ前妻を使い、さらにボンネットとドアを開けてしまおうと思います。
当然動力は1台目とは異なります。モーターをクラフトに変更。
回転数が上がるので、車軸のギアをm0.4の12枚から14枚に変更しました。
車輪は杉山模型のφ6.5です。

Photo

画面コピーなのでちょっと見にくいかも。
とりあえず出来ました。

1301210011s

1301210014s

車体を被せるとこんな感じです。

1301210001s

1301210002s

試運転しましたが、スローもまずまずで良い感じです。

ところが大ちょんぼに気がつきました。
わかりますでしょうか?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

昨年は頭の手術で多くの方にご心配をおかけしました。
結果は、後遺症もなく無事終わり、体調も徐々に元に戻りつつありますが
生まれてはじめての入院手術と言うことで、やはり落ち着かない日々であったようで
一年で完成した車輌はペアハンの大谷鉱山加藤構内型1両のみでした。
それでも仕掛りは結構ありますが、集中力が保てず完成に至っていません。

Spoorijzer, DelftタイプのDL2両
1301010014

1/32のバテロコ4両
1301010015

モデル8の1/80-13mmの4tDL
1301010016

他にも、塗装の終わったHOナローのアル加藤7tDLはライト未装着のまま年を越してしまいました。

今年は気持ちを入れ替えてがんばるつもりです。
手始めは、昨年暮れからこんなものをはじめています。
1301010011

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »