« 足尾のフォード-その6 | トップページ | 足尾のフォード-その8 »

2014年2月18日 (火)

足尾のフォード-その7

車体はへたに弄ると歪んできそうなのであまり弄らないことにします。

ラジエターです。

1402160001

キャップをカットして、ピカールで磨いてみました。

1402160002

キャブは開放に近いので中のウォーム等がよく見えます。
簡単にキャブ内を作って隠しましょう。
足尾に行った時に撮った写真を見ると、中央にミッションカバーとシフトレバーらしき物があります。

1207010123

あり合わせのシマ鋼板で床板とカバーを作りました。
カバーは実際には一回り小さく、高さも半分くらいですが、ウォームを逃げるため大きくなってしまいました。

1402170001

後述の突っ切り工具を使い、旋盤でシフトブーツを作りました。
シフトレバーはφ0.8ですが太すぎました。

1402170002

握りの部分はパイプを被せて、ピンバイスに咥えて成型します。

1402170003

かなりオーバースケールです。

1402170004

「カッターの刃を使った突っ切りバイト」
市販の突っ切りバイトは刃の厚さが結構あって細かい作業には不向きです。
以前ネットを徘徊していたらカッターの刃を突っ切りバイトに使うアイデアを見つけました。
(何処のサイトだったか失念しました)
今回シフトブーツを作るに当たり、狭いV溝を入れる必要があったので、さっそく作ってみました。

1402170006

1402170005

刃の暑さは0.4mmで、折り取って取り付けるだけで極薄のV溝用バイトが出来ます。
突っ切りは刃の逆側をダイヤモンドバイトでひと舐めして使います。
薄いのですぐ欠けてしまいますが、真鍮ならなんとか使えます。
安いので欠けたら気兼ねなく交換できます。

|

« 足尾のフォード-その6 | トップページ | 足尾のフォード-その8 »

足尾のフォード」カテゴリの記事

コメント

カッターの刃・・・。
確かに何とか板の切断が出来ますね。
ハンドソーの刃であれば、ハイス焼き入れですが、
手間が。
ホルダーの保持方法が、サスガです。
出来れば、上面に板付けて、安全対策(スミマセン)。
前後の抑えのテーパーなど、プロ!

投稿: カワイ | 2014年2月18日 (火) 20時17分

カワイさん
ハンドソーの刃はすでに使っていますが、t0.8~1.0あるのでもっと薄いのが欲しかったんです。
それに、折り取って嵌めるだけなので手間いらずなのがいいです。
抑えは面倒だったので板3枚ハンダ付けです。

投稿: ozu | 2014年2月18日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/55045666

この記事へのトラックバック一覧です: 足尾のフォード-その7:

« 足尾のフォード-その6 | トップページ | 足尾のフォード-その8 »