« ロッド式DL-その1 | トップページ | ロッド式DL-その3 »

2014年4月30日 (水)

ロッド式DL-その2

車体の工作です。

まずt0.6で床板を作ります。動力部分はくりぬいておきます。

1403260009

端梁はt0.8で、ボルト表現の線を植え込む穴を開けます。

1403260010

台枠側板はt0.6で、クランクが付くので軸ニゲのU字溝をつけて組み立てます。

1403270001

動力の取り付けは端梁の裏にウエイト代わりのブロックをつけて、軸押さえ板をこれにネジ止めします。
カプラーを逃げるため凹型のブロックを切り出します。

1403300001

端梁裏にネジ2本で固定します。

14033000012

次はキャブを作ります。
t0.4にPカッターとヤスリで2本の折り曲げ線を彫ります。

1404200010

窓外枠としてt0.3をハンダ付け

1404200011

中抜きして、裏に板を当ててさらに抜いて挽き違い窓を作っていきます。

1404200014

分割して

1404200015

折り曲げます。

1404210017

内側は、板を貼っただけでは見てくれがよくないので、上下に帯板を貼って戸レールのようにしてみました。

1404210020


|

« ロッド式DL-その1 | トップページ | ロッド式DL-その3 »

ロッド式DL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/55999531

この記事へのトラックバック一覧です: ロッド式DL-その2:

« ロッド式DL-その1 | トップページ | ロッド式DL-その3 »