« 0-6-0WT改-2 | トップページ | 0-6-0WT改-4 »

2014年8月 1日 (金)

0-6-0WT改-3

足回りはやはり改造することにしました。
オリジナルの構造では、イコライザーのリンクは先に塗装して動輪を組み立てる必要があります。
友達に聞いたら、この手のキットは組み立てた後にモーターで車輪を回しながら吹き付け塗装をするそうです。
どちらにしても、私には馴染めない構造なので、一般的な構造にします。
幸いO14をOn30にしますので、2,5mm広げる必要があるのです。

まず、1mm厚の快削真鍮板を2枚重ねて仮のブロックにハンダ付けします。

1407310001

加工位置を軽く罫書き、フライス加工します。
形状はキャブに取り付けに干渉しないように現物合わせで決めます。

1407310002

加工できたらバーナーでばらして仕上ます。

1407310003

オリジナルフレームの外側にそのまま貼り付ければいいのですが、イコライザーの取り付けスペースを確保するため切り欠いてしまいます。

1407310004

両側に新しいフレームをハンダ付け

1408010005

キャブの取り付けも問題ありません。

1408010006

さて、動輪はどうしようかな?

候補は
1、オリジナルを3mm軸に改造
2、天賞堂の14mm
3、珊瑚の南薩用13.2mm
4、トビーの14mm

どれを使うにしても、軸箱を入れたりギヤーを入れたりする必要があり分解しなければなりません。
また、軸距離が15mmなので、14mmの動輪を使う場合、第2動輪はフランジレスにしなければなりません。
オリジナルはフランジレスになっています。

|

« 0-6-0WT改-2 | トップページ | 0-6-0WT改-4 »

HUDSWELL 0-6-0WT改」カテゴリの記事

コメント

ペデスタルの巾は何ミリですか?もし自分が作るなら絶対にベアリングを入れます。巾が5ミリなら、車軸をφ2にします。

投稿: コン | 2014年8月 3日 (日) 00時06分

コンさん、現状は珊瑚のオイルレス軸受を使うつもりで5㎜にしてあります。確かにベアリングを入れた方がベターですね。5㎜と6㎜両方持っていますので検討してみます。

投稿: ozu | 2014年8月 3日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/56955757

この記事へのトラックバック一覧です: 0-6-0WT改-3:

« 0-6-0WT改-2 | トップページ | 0-6-0WT改-4 »