« なまけてます | トップページ | 掘っ立て小屋を作る-1 »

2014年11月19日 (水)

マイティミジェット-1

少し前にナローガレージさんのブログでBVMのマイティミジェット復活!の情報が報じられました。

実はOナローを再開した頃購入してありました。
バックマンのGE 44tonの動力を使うキットですが、その頃は手に入らず、パワトラ24.5で代用するべく作り始めました。
ところが、レジンキットは初めてで、反りが上手く修正できずキャブはゆがんでしまい、パワトラの走りもいまいちできにいらずお蔵入りしていました。

今回NGさんの記事で思い出し仕上てみることにしました。
動力はいまや当社標準仕様とでも言いましょうか、いつものように自作しました。
1411040004s

キャブは瞬間接着剤で組んでありましたが、一旦ばらして組みなおしました。
歪みは取りきれませんでしたがまあよしとしました。
台枠は少々巾を広げ、床板を追加しています。
裏側にカプラー固定と動力取り付けを兼ねてブラケットをつけています。
1411040003s

L型の方は台枠長さを少し詰め、逆にボンネットは少し長くしてイメチェンをはかりました。
1411040007s

センターキャブの方は良いアイデアが浮かばずほぼ素組みです。
1411040009s

レジンキットはどうも私には苦手です。
スクラッチした方が楽だったかも・・・・
ともあれ、テスリ等若干のディテールを追加して塗装して早く完成させてしまいましょう。

1411040013s

|

« なまけてます | トップページ | 掘っ立て小屋を作る-1 »

マイティミジェット」カテゴリの記事

コメント

確かに、このレベルの車体であれば、なまけ親爺さんならすぐに作れそうですね(笑)

投稿: ム | 2014年11月20日 (木) 07時00分

ムさん、そんな訳で最近あまりキットを買わなくなりました。(本当は懐寂しいからですが・・・笑)

投稿: ozu | 2014年11月20日 (木) 11時18分

集電ブラシがシンプルで確実そうで実にいいですなあ。

レジンキットはどうしても歪みが出るので車輌には適さないと思います。

投稿: 初瀬春日 | 2014年11月20日 (木) 15時18分

私もサンデー毎日の生活になってからキットを買ったことはありません。唯一買ったのはジャンク扱いだった中村製K-28のバラキットだけです。
というわけでキット組み立ては頼まれモノばかり。自分用は専らスクラッチです。
精神衛生上良いのは高価なキットよりスクラッチなのは何故でしょうか?

投稿: railtruck | 2014年11月20日 (木) 17時42分

初瀬春日さん、集電ブラシは例のプリント基板+ベリリウム銅線です。レジンキットは多種少量生産向きなのでしょうけれど、今後は3Dに取って代わられるのではないでしょうか。
railtruckさん、コスト対満足度と言う点ではスクラッチに勝る物はないと思いますが、それも人によってなんでしょうね。高価な完成品をコレクションして満足する人もいますし、鉄道模型の楽しみ方は人それぞれ、自分がいかに楽しむかですね。

投稿: ozu | 2014年11月20日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/58031589

この記事へのトラックバック一覧です: マイティミジェット-1:

« なまけてます | トップページ | 掘っ立て小屋を作る-1 »