« CKD-BN15R-9 | トップページ | ダージリンのBタンク-1 »

2015年5月20日 (水)

CKD-BN15R-10

今週は孫たちが来ているので工作が進みません。

本機は元々はオープンキャブだったようですが、実車の写真を色々見ていくと、取り外し可能な簡易的な屋根をつけたものや、半密閉キャブに改造された物などが見受けられます。私は前者にすることとしました。
丸棒の柱に板屋根が乗ったタイプです。

柱はφ1洋白とし、一応取り外し可能とします。
図面から長さを算出し、L=46でカット、両端にφ0.6の穴をあけます。洋白は粘っこくてドリルを何本も折ってしまいました。
1505190002

何とか開きましたが、折り曲げでまた失敗、巾が広すぎました。
1505190003

作り直すのも面倒だし、ドリルを折るのもコリゴリなので、真ん中で切断し、寸法を合わせて銀ロウ付けしました。
車体側にはφ1.0x0.6x3.0のパイプを半田付け、今のところは一応取り外し可能です。
t0.3の板を折り曲げた屋根を乗せて、何とか格好が付きました。
1505200007

1505200008

ちょっと柱が太かったかも?

|

« CKD-BN15R-9 | トップページ | ダージリンのBタンク-1 »

CKD-BN15R」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/60074519

この記事へのトラックバック一覧です: CKD-BN15R-10:

« CKD-BN15R-9 | トップページ | ダージリンのBタンク-1 »