« CKD-BN15R-3 | トップページ | CKD-BN15R-5 »

2015年5月 3日 (日)

CKD-BN15R-4

次はボンネット前面です。
本機はボンネット全体を上に跳ね上げて開けるようです。
可動部をつけるのは、後々のメンテナンスを考えてもあまり好みませんが、今回はちょっと興味をそそられてやってみることにしました。
t0.5に切込みを入れて、φ1.0x0.6のパイプ小片にφ0.4の洋白線をLに曲げた物を入れてハンダ付け。
線はくっついてしまってはまずいのでグリースを塗っておきました。
右はルーバーの縁取りで、t0.2から切り出した物です。
1505020001

縁取りをハンダ付けして中をくり貫き
1505020003

本体にハンダ付けして、角をRに仕上ます。
1505020004

フレームに乗せて感じを見ます。
1505020006

こんな風に開きます。
1505020007

1505020009

床への取り付けはこのようになります。
1505020010

一応目的は達成できました。次はキャブかな?

|

« CKD-BN15R-3 | トップページ | CKD-BN15R-5 »

CKD-BN15R」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

このボンネットの開き方は面白いですね、Oナローだと実物っぽさが味わえますね。

投稿: ム | 2015年5月 3日 (日) 22時18分

すばらしいですね~。
開くところが開くってのはいいもんです。
しかしこれはダイナミック!

投稿: akinori | 2015年5月 3日 (日) 23時03分

ムさん、akinoriさん、実車の写真を見て真似して見ましたが、残念ながらあけてもエンジンは出てこないんです。

投稿: ozu | 2015年5月 4日 (月) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/59866027

この記事へのトラックバック一覧です: CKD-BN15R-4 :

« CKD-BN15R-3 | トップページ | CKD-BN15R-5 »