« CKD-BN15R-4 | トップページ | CKD-BN15R-6 »

2015年5月 7日 (木)

CKD-BN15R-5

キャブ囲いを作ります。
t0.5の板に折り曲げ線の溝をPカッターとヤスリで彫ります。
1505060001

折り曲げて外形を仕上げます。
前後共寸法は同じですが、前は下からネジ止め、後ろは洋白φ0.6の差込です。
1505060002

こんな感じで付きます。
1505060004

前側はとりあえずウォームのニゲをつけていますが、いずれギアBOXに合わせた切り欠きになります。

|

« CKD-BN15R-4 | トップページ | CKD-BN15R-6 »

CKD-BN15R」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

厚板を使って頑丈に作られていますね。ルーバーの表現も見事です。

私は薄板が好みで、Oスケールでも板金のところはt0.2-0.3の燐青銅を使っています。

線の差し込みはいま手掛けているポーター無火機関車のキャブ後ろ妻の固定が同じ方式です。線を長くすると簡単には抜けませんね。

投稿: railtruck | 2015年5月 7日 (木) 17時24分

私は薄板細工が苦手でつい厚板を使ってしまいます。
線の差し込みは例の「しげみつ君」で味を占めました。
線径、穴径、ピッチの3つが合えばしっくり固定できますね。

投稿: ozu | 2015年5月 7日 (木) 23時15分

厚い板をきれいに曲げてますね、さすがです。

投稿: ム | 2015年5月 8日 (金) 00時04分

薄板をきれいに曲げる方が難しいですよ。

投稿: ozu | 2015年5月 8日 (金) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/59907798

この記事へのトラックバック一覧です: CKD-BN15R-5:

« CKD-BN15R-4 | トップページ | CKD-BN15R-6 »