« CKD-BN15R-5 | トップページ | CKD-BN15R-7 »

2015年5月11日 (月)

CKD-BN15R-6

この機関車もキャブ内にギアケースがどっかりと居座っており、結構目立ちます。
六角棒から削りだします。
1505080001

裏側はウォームを逃げるためボールエンドミルで彫りこんであります。
長いまま加工して、外形を加工し終わったところでモーターブラケットに当たるところでカットします。
1505080003

なお、モーターはアルモーターに変更しました。
運転席前面パネルはギアケースに合わせて切り欠きました。
1505100006

ここで横道ですが、運転席前面パネルにL金具をネジ止めします。
これは空き缶から切り出したブリキです。
1505100008

ボンネットと裏にはマグネットを貼り付けました。
1505100009

ギアケースの合わせ目にボルト表現でφ0.4を植えましたが、きれい並んでいません。
1505100007

老眼でこの辺が限界です。

|

« CKD-BN15R-5 | トップページ | CKD-BN15R-7 »

CKD-BN15R」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

真鍮板でちょちょっと作ってしまわないところがさすがです。

投稿: ム | 2015年5月12日 (火) 06時38分

スチール缶利用でマグネット・・・。
アイディアもサスガです!

投稿: カワイ | 2015年5月12日 (火) 08時13分

ムさん:板で作ったらかえって大変です。この手のパーツはいかにばらけないように組んでいくかが重要です。
カワイさん:手元にそれしかなかっただけです。切断面の錆対策が必要です。

投稿: ozu | 2015年5月12日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/59956494

この記事へのトラックバック一覧です: CKD-BN15R-6:

« CKD-BN15R-5 | トップページ | CKD-BN15R-7 »