« ダージリンのBタンク-8 | トップページ | ダージリンのBタンク-9 »

2015年9月19日 (土)

ダージリンのBタンク-8

いよいよロッドとシリンダー周りにかからなければなりません。
これまでDLばかり作ってきたのはこの部分の製作に自信がもてなかったことが原因の一つです。
本格的なワルシャートバルブギアもはじめてになります。

本機は外側台枠なので、まずクランクを作ります。
車輪は手持ちのφ11.5プレーン軸のプレート車輪を使います。
軸はφ2.4で、車輪内径も同じなので押し込むだけでゲージ変更ができ、上手いことにφ1,5のプレーン軸部分にクランクを嵌めるとちょうどよいようです。

t1.0の洋白小片を重ねて半田で仮り固定し、軸穴とロッドピンの下穴を共開けし、旋盤とフライスで外形を整えてばらします。

1509150012

車軸に仮固定して、後述のサイドロッドを付けて試運転すると一発でするすると動いてくれました。
位相合わせは目分量ですが、ギア連動なので全く問題ありませんでした。
しかしこれは失敗、クランク半径を4mmとしたためロッドが地面をすりそうです。

半径を3mmに変更して作り直しました。

1509180003

こちらが再作したものでrす。

サイドロッドもt1.0から作りました。
ロッドピン周りは細かなディティールが付いていますが、適当に省略です。
ロッドピンは珊瑚の正式機用M1.4です。
第一動輪のマイナス溝が気になりますが、クロスヘッドに隠れる位置なので様子を見て考えます。

1509180004

実機を見ると少し太鼓状になっているので、本機ではちょっと強調してみましたがやりすぎたかも。
いつものように上周りのモックアップを作って全体の感じを見ます。
上回りが付くといかにもショーティーですね。

1509180007

バルブギア周りは細かいリンク等がたくさん必用です。
一度に作るのはしんどいので、毎日少しずつ作ります。
まずは吊りインクです。
最初は薄板2枚合わせで作ってみました。

1509170001

次に角棒から作ってみました。 左;2枚合わせ  右;角棒

1509170002

1509170003

拡大するとかなり形状が乱れています。
どちらがよいかは微妙なところです。

続いてメインロッドを作りました。

1509180011

シリンダーを作らないと先に進みませんね。

|

« ダージリンのBタンク-8 | トップページ | ダージリンのBタンク-9 »

On2」カテゴリの記事

ダージリンBショーティー」カテゴリの記事

コメント

Oナローとなると、16番の蒸気よりロット類がよりリアルな感じになって迫力ありますね。

投稿: ム | 2015年9月19日 (土) 18時48分

16番に比べて寸法的な余裕は十分ありますからずいぶん楽ですが、リアルかというとどうなんでしょう?
かなりオーバーな表現になっていると思います。

投稿: ozu | 2015年9月19日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/61675646

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリンのBタンク-8 :

« ダージリンのBタンク-8 | トップページ | ダージリンのBタンク-9 »