« ダージリンのBタンク-11 | トップページ | 軽便鉄道模型祭 »

2015年10月 2日 (金)

ダージリンのBタンク-12

時間が出来たのでちょっとだけ・・

本機のシリンダー前蓋はボルト締めされていますが、なぜか隙間が空いています。
一回り小さいパッキンが入っていて空いているんでしょうか?不思議です。

まず、φ8丸棒から内径2mmの段付きワッシャのようなパーツを作ります。

1510020001

3枚あるのは一枚予備です。
串刺しにしてハンダで仮止めし、ロータリーテーブルを使ってボルト穴をあけます。

1510020003

シリンダー本体に嵌めて、ボルト穴を共開けし、アドラーズネストの六角ボルトS(0.7mm)を植えました。

1510020004

1510020005

シリンダーは外に傾いていますが、ボルトは地面に垂直水平に配置されています。
目分量でやったので右シリンダーが少し角度がずれてしまいました。
ボルト植えてしまったので今更しょうがないかなあ・・・

|

« ダージリンのBタンク-11 | トップページ | 軽便鉄道模型祭 »

On2」カテゴリの記事

ダージリンBショーティー」カテゴリの記事

コメント

隙間の件は先日メールしたBクラスの組立図を見て下さい。
平面図のシリンダー断面でお分かりかと思います。
シリンダー本体の出っ張り部と蓋はすり合わせて、パッキン無しかと思います。

投稿: railtruck | 2015年10月 3日 (土) 05時24分

失礼しました、勉強不足です。
しかし、この構造だと内径仕上げ等大変だと思うのですが、なぜ貫通穴にして両端蓋にしないのでしょうね?

投稿: ozu | 2015年10月 3日 (土) 09時29分

う~ん、さすがのOナローの作り・・・あと1日ありますから、スライドバーまで行けますね(笑)

投稿: ム | 2015年10月 3日 (土) 10時58分

ずぼらな性格まるだしです。
どうも最後の詰めがあまいんですよね。
スライドバーは無理です、時間切れ。
これから綿商会館です。

投稿: ozu | 2015年10月 3日 (土) 11時23分

なぜでしょう?分かりません。
Aクラスもシリンダーは非貫通で、後ろはグランドのみですね。
http://www.7-8ths.info/index.php?action=dlattach;topic=1040.0;attach=89237;image

投稿: | 2015年10月 3日 (土) 13時43分

なるほど、Aクラスも同じ構造ですね。
ボトムタンクやフロントデッキの砂箱など、面白い構造満載で、そこがまたこの機関車の魅力なんでしょう。

投稿: ozu | 2015年10月 3日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/61873987

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリンのBタンク-12:

« ダージリンのBタンク-11 | トップページ | 軽便鉄道模型祭 »