« Renault-2ton-13(生地完) | トップページ | On2のBタンク-2 »

2016年1月25日 (月)

On2のBタンク-1

今年の一台目としてルノーが出来たので、次は当然ダージリンと言うことになるわけですが、廻りからはFowlerとかRuthと言った声が聞こえます。

正直言うと、もうちょっと気軽な物で息抜きしたいと思います。
色々考えた挙句、これにしました。もちろんこれは息抜きであり、気が向いたらダージリンを進めます。

もう大分まえになりますが、アルモデルから製品が出る遥か前です。
コンさんのHOナローのフェルトバーンBタンクをOナローにスケールアップして作ろうとして自家エッチングを試みました。
何枚か失敗し、1番程度の良かった物を製作したのが この記事 です。

失敗したエッチング板は何枚かあるのですが、捨てるに忍びなく保管してありました。
1601210002

パターンは乱れ、両面抜きも0.5mmほどずれてしまっています。
普通にはとても使える代物ではないのですが、パターンの乱れを逆手にとって、廃車寸前のボロボロ機関車と言う想定にすれば使えるのでは、と考えたわけです。
今回はOn2で作ります。

早速切り離し
1601210006

側板と前妻はつながっていて、裏に折り曲げ溝も入っているのですが、何しろパターンがずれています。
また、同じ形態でもつまらないので後部炭庫の無いタイプとすることにして、前妻は切り取ってしまい、前後の妻を入れ替えることにします。
いつもなら動力から作り始めるのですが、今回は車体を先に組むことにして、とりあえずキャブを箱にしました。
1601220007

次は煙突です。
オリジナルはシンプルなテーパーですが、こちらも変化をつけて芦別のバグナル風にしようと思います。
まずは有り合わせのφ15にφ4.4を組み合わせ、旋盤加工で仕上ます。
1601230010

裾の部分は別パーツとし、φ10から旋削し、フレア部分は手加工で仕上ます。
1601240012

これで煙突パーツが揃いました。
1601240015

組み合わせるとこんな感じです。
1601240013

径がボイラーと同じだったのでフライカッターに仮に乗せています。

|

« Renault-2ton-13(生地完) | トップページ | On2のBタンク-2 »

Bタンク」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

フレアは見事ですね。削り出しの苦手な私はいつも円板法の肉盛りです。
今度はどんなスタイルのフェルトバーンになるのかたのしみです。

投稿: railtruck | 2016年1月25日 (月) 05時03分

ドームは円板法でやる予定です。
煙突は細いので削り出しもやり易いです。
どんな感じになるかはまだ深く考えておらず、作りながら思い付きで変えていこうと思っています。
どうなりますやら・・・

投稿: ozu | 2016年1月25日 (月) 08時01分

是非アウトサイドフレームでお願いします。

投稿: コン | 2016年1月26日 (火) 01時11分

実はインサイド、アウトサイドどちらにするか決めかねて上廻りを先に始めたわけです。
2ftなのでどちらでも納まります。
せっかくなのでアウトサイドで行ってみましょうかね。

投稿: ozu | 2016年1月26日 (火) 08時16分

さらにワルシャート付きはいかがでしょう?

投稿: railtruck | 2016年1月26日 (火) 09時09分

ぎょえーーー!!
今回は息抜きで軽~~く済ませるつもりだったんですが・・・
ダージリンに向けての小手調べということもありかな?
さあどうしましょ。

投稿: ozu | 2016年1月26日 (火) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/63626340

この記事へのトラックバック一覧です: On2のBタンク-1:

« Renault-2ton-13(生地完) | トップページ | On2のBタンク-2 »