« On2のBタンク-1 | トップページ | On2のBタンク-3 »

2016年1月27日 (水)

On2のBタンク-2

煙突の裾部分と、ダイヤモンドのツバ部分にボルトを植えます。
プロクソンのロータリーテーブルを使いφ0.5の穴を開けます。
1601250001

安いのであまり精度は良くないのですが、まあ何とか使えます。
通常のドリルでは逃げてしまうので斜め部分には穴が開きませんが、高速ボール盤と超硬ドリルを使えば何とか開けることが出来ます。ただし穴径は少し大きくなるようです。

φ0.5の洋白線を植えました。
1601250003

ドームの裾は円板法です。
ラフにカットしたt0.3の板を当ててたっぷりハンダを流します。
1601250004

旋盤で円形に削り、丸ヤスリで表面を仕上ます。
1601250005

さて、本機は息抜きのつもりで軽く仕上るつもりだったのですが、先輩方から課題を与えられてしまいました。
アウトサイドフレームについてはこれまでも作ったので特に問題ないのですが、ワルシャート弁装置については要検討です。
当初の計画図です。
Feldbahns

車輪径が小さいので、このままではワルシャート弁装置が入りません。
ランボード(床)位置を上げる必要があります。
1100でも弁装置によってランボードの形状が変化していますね。
検討した結果、ボイラーとサイドタンク部分のみ持ち上げてこのようになりました。
Feldbahnsws

これで行って見ますか。

|

« On2のBタンク-1 | トップページ | On2のBタンク-3 »

Bタンク」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

個人的にはダージリンタイプの方に期待はあるのですが、こちらはこちらで楽しそうですね。

投稿: ム | 2016年1月27日 (水) 23時07分

結局これ、ダージリンの練習みたいになってきました。これの後ダージリンをやる予定です。

投稿: ozu | 2016年1月27日 (水) 23時24分

ダイヤモンドのツバにまでボルトを植えるとは恐れいりました。
ワルシャートいいですね。これはたのしみです。

投稿: railtruck | 2016年1月28日 (木) 01時39分

(しつこく)アウトサイドフレームのワルシャーとが見たいな!

投稿: コン | 2016年1月28日 (木) 01時41分

つばのリベットはやってみたら簡単でした。

<コンさん
図ではわかりにくいですがアウトサイドですよ。
せっかくのお二人の課題ですからクリアーしたいなと思います。

投稿: ozu | 2016年1月28日 (木) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/63669679

この記事へのトラックバック一覧です: On2のBタンク-2:

« On2のBタンク-1 | トップページ | On2のBタンク-3 »