« On2のBタンク-9 | トップページ | On2のBタンク-11 »

2016年2月20日 (土)

On2のBタンク-10

再度ロッドを再作しました。
昨日のものはコッター穴を開けるのに0.5の中興ドリルでやりましたが、4箇所中3箇所目で折り込みました。
仕方なく反対からも開けて、両側からピンを刺してハンダ付けしごまかしました。
今回はハイスのストレートドリルで開けましたが、見事に曲がりました。
1602200002

しかも板厚方向に曲がったため、ハンダを外したら穴ではなくて溝になってしまいました。
一枚は表に出てしまったため、一旦埋めて裏の溝を切り込んで線を埋めました。
とりあえず出来上がり、一回り小さくなりました。
1602200003

取り付けてみると
1602200004

昨日の写真と比べてみてください。
まだ少し太いかもしれませんが、Oナローなのでこの辺で良しとします。

|

« On2のBタンク-9 | トップページ | On2のBタンク-11 »

Bタンク」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

コメント

京都のH氏から、快削洋白材は真鍮より加工し易いので、ロッド類は快削棒を「製材」してロッドにしていると言うお話があり、自分もトライしてみたところ、孔あけは非常にスムーズでした。洋白の板材は真鍮角線のように「加工硬化」しているのでは無いかと、愚考しています。ドリルの折り込みは最も心臓に悪いので、次回(というよりメインロッド製作のとき)是非試してみてください。フライス加工も楽だと思います。

投稿: コン | 2016年2月21日 (日) 07時47分

なるほど、確かにその話は聞いたことがあります。
次回は試してみたいと思います。

投稿: ozu | 2016年2月21日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/64061351

この記事へのトラックバック一覧です: On2のBタンク-10:

« On2のBタンク-9 | トップページ | On2のBタンク-11 »