« HAKO-その3 | トップページ | やぐらくんを作る-その2 »

2016年5月18日 (水)

やぐらくんを作る-その1

つぎのプロジェクトを始めます。

1604250001

以前所属クラブの集まりで購入した物ですが、これを組み立てようと言うのではありません。
何しろこれは1/87-6.5mmゲージ、つまり乙なのです。
これをOn2で作るというわけです。
購入時に作者にはこれを参考にスケールUPする了解は得ています。
ネットで参考資料を探したところ、このキットは太平洋炭鉱の6t-TLの64号機を模型化したものと思われます。
64号機は、キャブコーナーにRが付き、屋根高さが高い外観です。
一方、62号機はキャブコーナーは角ばって、屋根高さも低くなっています。
今回は62号機をベースに作ってみます。

6t62_64

上が62号機、下が64号機です。
動力は今回はプルバックカーのm0.3を使い、ウォーム1段平ギア1段の91.64:1としました。
モーターは中華ジャンクの8x10x15を使います。
Photo

動力はすでに出来上がっています。
1604260008

車体はまずHゴム表現からです。
ガラスがなるべく引っ込まないようにするにはエッチング表現がいいのですが、今回は手っ取り早く張り合わせです。
t0.2から切り出します。
1605160001

まずは妻板から、t0.4にハンダ付けして
1605160002

中抜きします
1605160003

ところが、資料と比べるとちょっとイメージが違います。
窓位置を若干変更して作り直し
1605170005

右旧、左修正後
同じように側板も作り
1605180007

組み立てました。
1605180008

1605180009


|

« HAKO-その3 | トップページ | やぐらくんを作る-その2 »

On2」カテゴリの記事

TL」カテゴリの記事

コメント

次から次へとすごいペースで作られていますね。それも素晴らしい工作で。見習わなくっちゃ。

投稿: railtruck | 2016年5月19日 (木) 18時10分

これでも予定よりは大分遅れています。なかなか思うように作れないのですが、作れるうちに作っておこうという感じでやってます。

投稿: ozu | 2016年5月20日 (金) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/65554942

この記事へのトラックバック一覧です: やぐらくんを作る-その1:

« HAKO-その3 | トップページ | やぐらくんを作る-その2 »