« やぐらくんを作る-その4 | トップページ | やぐらくんを作る-その6 »

2016年5月27日 (金)

やぐらくんを作る-その5

やぐらが立ち始めました。

実機のやぐらはアングルを溶接組みしているようです。
HOナローの製品では、エッチング抜きで四隅のみ折り曲げてアングル状にしています。
Oナローでは素材から組み上げるしかありません。
まず、以前コンさんからいただいたt0.4の洋白端材にPカッターで溝を彫り、90度に折り曲げて溝にハンダを流します。
1605240001

次に1.5mmアングルとするため切断機でカットします。
1mmのステンレススケールを切断機の刃と素材の間に挟み、ぎゅっと押し付けて切断します。
2度目はつかみ代が少なくなってしまうのでセロテープでスケールに貼り付けておいてカットします。
これでほぼ1.5mm角のアングルが出来上がります。
1605240002

これをハシゴ状に組んでいきます。
原寸図に合わせて半田付けしました。
実機はこのつなぎ板もアングルのようですが、簡略化して帯板としました。
1605240003

4つ出来上がりましたが、つなぎ板は下側のアングルに対し直角に付くのが正しいようです。
1605240004

上部を四角に組みますが、ハンダで組むとバラケルのが怖いのでこの部分のみブロックから削りだしました。
1605250006

φ2のエンドミルでこのように彫り、スライスしました。
1605250007

位置合わせが悪く微妙にずれました。
柱と組んで、仮に車体に乗せてみました。
1605260008

1605260012

大体良いようです。
屋根への取り付けは先のブラケットにつけるのではなく、柱にL金具をつけてM1.2のネジ止めとしました。
1605260011

反対側も同じようにM1,2でネジ止めします。
目立ちますが、メンテナンス上この方が良いと思います。
1605260013

後ろ側の柱のブラケットも柱ではなく車体側に取り付けました。
1605260014

φ0.4線でリベットを植え込んでおきました。

|

« やぐらくんを作る-その4 | トップページ | やぐらくんを作る-その6 »

On2」カテゴリの記事

TL」カテゴリの記事

コメント

市販の折り曲げのアングルと違って、角がビシっと出ていますね。切削加工のアングルは角は出ていてもツールマークが残っているので気になります。
櫓の固定には六角ビスを使う手もありましたね。

投稿: railtruck | 2016年5月28日 (土) 09時54分

六角ビスは考えたのですが(IMONのパンタビスなど)、ボックスレンチを使うスペースが無く、付け外しが面倒になるので1種のプラスネジとしました。むしろ、裏から締めるようにすれば目立たなかったかも。

投稿: ozu | 2016年5月28日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/65701411

この記事へのトラックバック一覧です: やぐらくんを作る-その5:

« やぐらくんを作る-その4 | トップページ | やぐらくんを作る-その6 »