« HAKO-その2 | トップページ | やぐらくんを作る-その1 »

2016年5月15日 (日)

HAKO-その3

車体そのものは軽く素組のつもりです。
ラジエターには保護枠が付きます。
ところが、車体のラジエター側にも保護棒のパターンがエッチングされていて、しかも車体側が8本、保護枠側が10本で合いません。
1605100001

製品版では車体側の保護棒パターンはなくなっているようです。
仕方ないので車体側をくり貫いてしまい、金網を張りました。
1605100003

キャブ内の床にブレーキレバーが付きます。
エッチング抜きのパーツを、二つ折りにして重ねて表現します。
1605130010

ちょっとごついですが、自作してもごつくなるので良しとします。
キャブ床がちょっとみすぼらしく感じます。
1605100006

網目板から切り出して床板を作りました。
1605100007

1605100008

本機は車輪が偏って付いており、キャブ側はオーバーハングが大きくなります。
試運転したところ、トレーラーを繫ぐと引っ張られて前輪が持ち上がりぎみになり脱線します。
仕方なく、台枠側板裏にウエイトを貼り付けました。
1605110009

車体内にも貼る予定です。
本機はジャンク品なのでエッチングパーツ以外は入っていません。
マフラーはパイプを3種類重ね、帯板を巻いて取り付けました。
1605130011

連結器はエンドビームにピンリンク用のスリットが開いているのですが、前述の動力取付用ブロックで埋まってしまったので、別パーツを作って取り付けます。
1605130013

いつものようにフライス加工ですが、ここで大失敗、加工の最後で厚みを仕上るときにバイスの締めが甘くフッ飛びました。
フライカッターが食い込んで見るも無残にひしゃげてしまいました。
オシャカかと思いましたが、何とか修正して、食い込んだ所は切り欠いて別板を当て再生しました。
取付はアドラーズネストの六角ボルトのLを使いました。
1605150014

カプラーはマグネットリンクとします。

ライトは旋盤加工です。
1605150016

ナローでテールライトがつく機関車は初めてです。
これらはチップLEDを仕込んで塗装後に取り付けます。

1605150018

これでとりあえず生地完かな?

|

« HAKO-その2 | トップページ | やぐらくんを作る-その1 »

On20」カテゴリの記事

小型LOCO」カテゴリの記事

コメント

OPパーツが効いてますね。砂箱の蓋はキットのエッチングでしょうか?英国型でよく見るタイプですが、作るとなると面倒で...。

投稿: railtruck | 2016年5月15日 (日) 22時06分

「砂箱の蓋」とは左側面中ほどのへこみ部分でしょうか?
これ、燃料補給口と思ってました。
もちろんエッチングパーツです。

投稿: ozu | 2016年5月16日 (月) 08時20分

このタイプのサンドボックスの蓋が頭にあったものですから...。ペアハンズさんのキットは燃料タンクの蓋のつもりかもしれませんね。
http://www.beyergarrattlocos.co.uk/bgpix/P1010147rs.jpg

投稿: railtruck | 2016年5月16日 (月) 11時44分

なるほど、そういうのがあるんですね。
この蓋は左にしかないのでやっぱり燃料タンク蓋でしょうね。

投稿: ozu | 2016年5月16日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/65502412

この記事へのトラックバック一覧です: HAKO-その3:

« HAKO-その2 | トップページ | やぐらくんを作る-その1 »