« FowlerのDL-その1 | トップページ | やぐらくんを作る-その7 »

2016年6月28日 (火)

FowlerのDL-その2

慣らし運転をしてもなかなかギア音が良くなりません。
特に前進時に不快な音がして我慢できません。
結局作り直す事にしました。
今回車輪はφ12.5を使うことにしました。
図面から行くとφ13ニなりそうですが、模型の場合フランジがオーバースケールですから若干小さめの方がバランスが良いと考えました。
しかし、元のギア比では遅くなりすぎるのでギア構成を少し変更しました。
Fowler3ftdl2

今回はトータルギア比は162:1になります。
作り直した動力パーツ一式です。
1606250003

組み上げました。
後ろが旧作です。
1606250004

今度はよさそうです。

軸箱周りは後回しにして、上回りにかかります。
キャブはコーナーに大きめのRが付いています。
このR の表現方法ですが、次の二つが考えられます。
1.妻と側板を一体として折り曲げ、ドア部分で繫ぐ。ただし屋根は別物で作る必要あり。
2.屋根と側板を一体で曲げ、妻はコーナーに裏打ちをして突合せてハンダ付けしヤスリ仕上げする。

どちらも一長一短がありますが、今回は1の方法でやってみます。
まず、展開図を印刷しt0.4の真鍮板にスプレーのりで貼り付けます。
1606260001

折り曲げ線や、外形線、窓などをカッターでなぞってケガキ、切り抜きます。
1606260003

折り曲げて仕上たのがこちら。
1606280004

書いてしまえば簡単相ですが、かなり苦労しました。
前後で曲げが揃わず、リアは巾が狭くなってしまったため作り直しました。
ところが再作した物は折り曲げ部を短くカットしすぎたため継ぎ足す羽目になりました。
もう一度作り直したほうが早かったかも。
1606280005

1606280006

1606280007

|

« FowlerのDL-その1 | トップページ | やぐらくんを作る-その7 »

DL」カテゴリの記事

On30」カテゴリの記事

コメント

レビュー誌の図面では車輪径は24"と思います。φ12.5を使うのは妥当なところではないですか?

このキャブの曲げは悩ましそうですね。ご苦労されたのも良く分かります。
私ならオープンキャブに逃げているでしょうね。

投稿: railtruck | 2016年6月28日 (火) 15時37分

展開図の三角形の切り込みの頂点にノコ刃が入らなくて難しそうですね。
こんな形は自分ではとても綺麗に決まる自身がありません。

投稿: 初瀬春日 | 2016年6月28日 (火) 23時10分

やはり作り直して正解ですね。
実は、予定に無かったこのロコを急遽作ろうと思ったのはこのキャブに挑戦してみようと思ったからなんです。異様に細いボンネットよりもこのキャブの方が気に入ってしまったんです。

<初瀬春日さん
三角切り込みは何とかなりました。
それよりもリアの妻板とドア部分の繫ぎ、屋根造造形に大苦戦です。

投稿: ozu | 2016年6月29日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/66241942

この記事へのトラックバック一覧です: FowlerのDL-その2:

« FowlerのDL-その1 | トップページ | やぐらくんを作る-その7 »