« FowlerのDL-その3 | トップページ | FowlerのDL-その5 »

2016年7月 6日 (水)

FowlerのDL-その4

煙突(マフラー)の取付部を作ります。
これもかなり厄介な形状をしています。単純にエルボでいいと思うのですが、入り口と出口で形状が異なり、おまけにオフセットしていると言う代物です。
資料が少なく正確な形状はわからないので、写真と図面から判断してでっち上げます。

機械加工というわけに行かないので、まず材料に加工時の持ち手となる丸棒をハンダ付けします。
1607030001

ここから頭の中のイメージになるようにヤスリで仕上ていきます。
形状が出来たら耐水ペーパーでヤスリ目を消し、百均のステンレスブラシで磨きます。
1607030002

丸棒を外して煙突に付け替え、取り付け板をハンダ付けし、ボルトを植えました。
1607030008

実物写真と比べるとちょっと違いますが、雰囲気は出ていると思うのでまあいいでしょう。

続いてボンネットを作ります。
まずはサイドカバーです。
タンクロコのサイドタンクのような感じです。
1607040009

1607040010

キャブとは塗り分ける予定なのでキャブとは別に床にネジ止めします。
1607040014


|

« FowlerのDL-その3 | トップページ | FowlerのDL-その5 »

DL」カテゴリの記事

On30」カテゴリの記事

コメント

マフラーの悩ましいエルボも上手く作られましたね。さすがです。
このロコの上回りは角という角はすべてR付きだから大変ですね。

投稿: railtruck | 2016年7月 6日 (水) 17時48分

機械加工はもちろん、手加工も素晴らしいですね。
出来ないですが、持ち手・・・勉強しました。

投稿: カワイ | 2016年7月 6日 (水) 20時08分

>railtruckさん
いよいよこの後難関のボンネット前半部分です。

>カワイさん
小さな部品は、持ち手をつけたり、長いまま加工して仕上てからカットする等、覚えておくと良い技法です。私も最近になってようやく習得しました。

投稿: ozu | 2016年7月 6日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/66372939

この記事へのトラックバック一覧です: FowlerのDL-その4:

« FowlerのDL-その3 | トップページ | FowlerのDL-その5 »