« 2016年7月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

南筑軌道2-その4

ボギー台車の軸箱蓋を作りました。
φ2.5の丸棒から旋盤で段付に挽き出しました。
1611240001

軸箱にハンダ付けしました。
1611240002

軸バネは、市販の2mmコイルスプリングを少し延ばした後4mm強にカットしたものです。
両端は切りっぱなしでは傾いてしまうので、グラインダーで軽くなめてあります。
1611240003

黒染めし仮組みしてみました。半田が付いているときれいに染まりませんが、後で軽く塗装するので問題ありません。
1611250005

一応軸バネ可動構造ですが、ばねが強すぎてほとんど実用にはなりません。
単なる自己満足ですね。ネジは長すぎるので最終的にカットします。

次は1軸台車です。
1mm真鍮板にケガキ、折り曲げ位置はR1のボールエンドミルで溝を彫っています。
1611250006

糸鋸で切り抜き、仕上た後折り曲げました。
1611250008

折曲げ部にハンダを流し、黒染め後仮組みしました。
こちらの軸バネはまだ作っていません。軸箱は手持ちにあったものを利用しています。
1611260009

モーターが垂れ下がらないようにつり金具を作りました。
t0.4x3mmのp洋白帯を折り曲げ、モーターの乗る部分にはフエルトを貼ってあります。
1611260011

組み込むとこんな感じです。
1611260012

明日はクラブの集会があるので、この状態で中間お披露目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

南筑軌道2-その3

下回りはやっぱり動力から・・・
10x10の角材からギアケースを削りだし、ウォームはm0.4のデルリン23:1、車輪はムサシノモデルのφ13.4スポークを使います。
1611200003

組み立てるとこのようになります。
1611200005

1軸台車は後にしてボギー台車を先に作ります。
本体は5mm厚から一体で削りだします。
1611180041s

今回久しぶりだったので結構ラフな仕上がりになってしまいました。
軸箱廻りは捨てブロックに角棒を仮付けして並べて加工しました。
1611190001

こんな風に出来上がり。
1611210007

軸バネはどうしようかな・・・・・
その前に、安定した走りのためには全車輪集電に越したことはありません。絶縁側に集電ブラシを付けました。
1611220001

1軸側はギアケースの軸押さえ板に共締めします。
1611220003

床板をt1.6のガラエポ基板から作り
1611220002

仮組みして試運転してみました。
1611220004

やはりこのモーターかなりいいですね。
約1Vでスルスルと走り出し、スローも効きます。
フルスロットルでは結構スピードが出ます。
さて、次は軸バネを作りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

南筑軌道2-その2

車体の目処が立ったので、下回りの検討をしました。
片ボギーの動力は始めてです。

最初に考えたのは、円筒薄型モーターを使った1軸駆動です。
21

窓下に収まり悪くは無いのですが、ドア窓が低い位置にあるので斜め上から見ると結構目立ちます。
次に考えたのはボギー側に動力を持ってくるタイプ
22

2軸駆動になって走行性能は良さそうですが、本来の駆動軸を遊ばせて非駆動軸に動力を入れるのは心情的に好きではありません。

3つ目は今話題のSS10J0TTTBAを使う方法です。
23

これならすっきり収まりそうですし、新モーターのテストも出来るのでこれを第一に進めます。
車体は3つあるので1番目も作って比較してみるのもいいかもしれません。

次にボギー台車の検討です。
2

えらく軸距離が短いのですがほんとにこんなだったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

南筑軌道2-その1

ブログ再開の一番目はこれから行きます。
先月の軽便祭でDMCのIさんが小坂の客車のレーザー加工サンプルを展示していました。
私は金属工作が好きなのですが、ペーパー車両も嫌いではありません。
といいますか、Oナローをやるようになって機関車はずしりとした重量感が好きなので金属で作りますが、歳と共にトレーラーや箱物は金属で窓抜きするのが億劫だし、非力な小型機関車では重いトレーラーは引くのがつらい。
そんなわけでトレーラーや箱物は非金属の方が良いと思うようになりました。
しかし、プラバン工作は苦手だし、ペーパー工作も得意ではない上にCM拇指関節症の悪化で窓抜きがつらくなってきました。
シルエットカメオでやっている方も結構いますが、刃の消耗を考えるといまいち踏み込めません。
そんな時レーザー加工機が10万ほどで買えるというではありませんか。
早速導入に踏み切りました。
ローコストレーザー加工機は2種類ほどあるようですが、購入したのはIさんと同じFABOOLのレーザーMINIで3.5W
仕様の物です。
安全カバーのオプションをつけて12万ほどでした。

さて、最初の試作機として選んだのは今年の軽便祭の記念エッチング板の南筑軌道2です。
もちろんスケールアップしてOナローで作ります。

レーザー加工も設計次第で作り易さや仕上がりが変わってくると思いますが、いろいろ試行錯誤してノウハウをつかんでいくしかありません。
とりあえず側板は5枚重ねとして設計しました。

最初に作った一台目です。
1611060005

いきなり箱組済です。(途中撮り忘れました)
ここまで二日ほどです。
若干気になる部分もあり、データを修正して作り直しました。
1611180001

左から1台目、2台目、3台目ですが、2台目は妻のRがキツクなってしまったので3台目を作る羽目になりました。
といってもA4 1枚に2台分並ぶので、一度カットすると2台分できてしまいます。
パーツの配置も設計のしどころです。

ドアや車体の内張が赤くなっているのは、張り合わせのために吹いたスプレーがたまたまありあわせの赤だったというだけで、意味はありません。
ペーパー車体は通常木の角棒などで補強をしますが、今回はこれもボール紙の積層でやってみました。

ペーパーの張り合わせはいろいろな方法がありますが、私の方法は次のようにしました。
1、まず、レーザーで加工した後、パーツを切り出す前(パーツに0.5㎜程のつなぎをつけるか、レーザー出力を調整して抜け落ちる直前でやめるようにする)に合わせ面に油性スプレーを吹きます。サーフェサーでもいいし、通常のカラースプレーでも良い。今後は100均のグレーとかクリームが良いかも。
2、次にパーツを切り出す(レーザー加工が済んでいるので、カッターを溝に沿ってフリーハンドで走らせればパーツが分離します)
3、張り合わせるパーツをずれないように合わせ、クリップで止めます。
4、合わせ目にIPA(車の水抜き剤として売っているもの)を筆でしみこませます。

張り合わせはシンナーで良いわけですが、においがきつくて体に悪く、家族からも苦情が出るので室内では使いたくありません。リモネンならよいのですが近所に売っていません。IPA ならオートバックス等で120mlで200円くらいで売っています。

3台目はこんな感じです。
1611180003

1611180004s

1611180005s

1611180006s

箱組は妻を側板で挟むようにしましたが内張を除く4枚重ねの側板端面の処理がうまくなく、この辺は構造設計を見直す必要がありそうです。

とりあえず車体は目途がついたので、次は足回りにかかります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ご無沙汰しました

お久しぶりです。
4か月も怠けてしまいました。
この間、いろんなことがありました。
健康上の理由に始まり、孫たちに会いにアメリカに行ったり、模型がらみではJAMには例年通りフル参戦しましたし、10月は軽便祭、そして先週は所属クラブの集まりでした。
もともと書くことが苦手で、一度怠けだすと次に踏み出すのがついつい億劫になってしまいます。
しかし、ブログを書くことが自分の工作の後押しにもなるのでこの辺で再開することにします。
仕掛は手に余るほどありますが、新たな機械の導入もあり、習熟もかねて取り組むことにしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年12月 »