« FowlerのDL-その8 | トップページ | お知らせ »

2017年3月14日 (火)

ボールドウィン風Bタンク-1

性懲りもなくまた新たなプロジェクトを始めてしまいました。

これもネットで見つけた図面を元に少々アレンジしたものです。
0_4_0fs96draw

最近話題のΦ7コアレスモーターのテストを兼ねてネタを探したところ、本機が良さそうだということになりました。
今まで蒸機は何度も挑戦して、そのほとんどが途中で止まっています。
一番の理由はバルブギアで躓いているということです。
本機は、バルブギアは最初から省略すると決めて完成までもっていこうと思います。

動力検討図です。
0_4_0fs96draw2

外側台枠で、いつものようにブロック加工のギア連動です。中央から振り分けているのでサイドロッドは長穴にする必要はありません。
ギア比は70.875:1、モーターが低速なのでもっと小さなギア比でも良かったかもしれません。
本来はボイラーの下は向こうが透けているはずですが、細いボイラーに対してこの構造では動力の一部が露出してしまうのは避けられませんがやむおえません。

まずは動力を作ります。
t6+t1.8+t6の三枚をハンダ付けします。
1702270014

ブロックに切り出します。
1702270016

ここから途中を撮り損ねましたが、ブロック状態のまま合わせのネジ穴や、軸溝、ギア軸の穴を加工しました。
そののちバーナーで炙って分解し、内側のギア逃げを加工し、さらに外形を仕上げていきます。

このようにして出来上がった動力パーツ一式です。
1703040005

組みあがりです。

1703040006

この時点では車輪はΦ9.5でしたが、後にΦ40.5に変更しました。
バックが調子いいのですが、前進は少々音が大きいです。
私の作る車両はほとんどこの傾向にあります。
モーターの向きが逆でも変わりません。
ひょっとすると、連動ギアが進行方向左側にそろえてあるのが影響しているのかもしれませんが、今のところ原因不明です。
速度は遅めですが、とりあえず満足のいく走りをしてくれました。
ロッドをつけてどうなるかです。

|

« FowlerのDL-その8 | トップページ | お知らせ »

Bタンク」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

コメント

いつもながらしっかりとした造りの動力ですね。どんな風になるのか進捗が楽しみです。

投稿: railtruck | 2017年3月14日 (火) 14時22分

今回もメモリの読み間違いで何度かミスりました。
穴埋めして開けなおしたりしましたが、体制に影響ないところなのでそのまま使っています。
車体も行き当たりばったりで、現物合わせで当たる部分を削りながら苦労しています。

投稿: ozu | 2017年3月14日 (火) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/69920228

この記事へのトラックバック一覧です: ボールドウィン風Bタンク-1:

« FowlerのDL-その8 | トップページ | お知らせ »