« お知らせ | トップページ | 流行の電流計付きコントローラー »

2017年3月20日 (月)

ボールドウィン風Bタンク-2

いちおうボールドウィン風としましたが、ひょっとするとポーターのほうがイメージが合うのかも。
とはいえ、フリーなのでどちらでもいいですね。

さて、主台枠を作ります。
外側台枠のダミーなので、それほど気を使う必要はありません。
t0.8の快削黄銅板を2枚張り合わせ、印刷した図面を貼り付けます。
1703090014

カッターで図面をなぞってケガキ代わりとし、糸鋸で切り抜いてヤスリ仕上げします。
1703100015

左右の繋ぎは動力ユニットの取付を兼ね、さらに前方はシリンダーの取付も兼ねます。
リア側は灰箱を模した形状としました。
1703100016

最終的にはハンダで組むかもしれませんが、現時点では途中の工程を考えてネジ止めとしてあります。
1703100017

1703100018

次にシリンダーブロックを作ります。
t6.0の板に、シリンダーのΦ5穴と煙室サドルの根元のR 用にΦ4穴を開けます。

1703110022

フライスで外形を落とし、ヤスリ仕上げしました。
1703110023

シリンダーは一旦ここまでとして、ボイラーをt0.3で切り出して丸めました。
1703130001

これは2個目で、最初の物はモーターと動力の切り欠きが大きすぎてボツにしました。
2個目は小さめに切り欠いて、現物合わせで広げていきました。

1703130002

煙室は珊瑚のHOnダックスの物が手元にあったので利用してしまおうかと思いますが、ちょっと細いかも。
とりあえずモックアップを作って感じを見ます。
1703120005

今回はここまで。

|

« お知らせ | トップページ | 流行の電流計付きコントローラー »

Bタンク」カテゴリの記事

On2」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

コメント

シリンダーブロックの加工ですが、ozuさんのように4個の孔をボール盤で開け後は手加工なのでシャープな仕上がりじゃないです。

投稿: railtruck | 2017年3月20日 (月) 14時39分

私の場合、CM関節症もあるので頼れるところは機会に頼ってしまいます。昔ワイヤーカットで切り抜いたシリンダーブロックは仕上げ不要で実にきれいでした。

投稿: ozu | 2017年3月20日 (月) 16時05分

横浜の集りで見せて貰ったヴォ―クレイン複式でしたか?

投稿: railtruck | 2017年3月20日 (月) 17時27分

ご覧になっていましたか。他にも古典機の主台枠とか、旧型電機の台車など結構いっぱい切りました。ただし一台も完成していません。もったいないからそろそろそちらも手を付けようかなあ・・・

投稿: ozu | 2017年3月20日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/69985268

この記事へのトラックバック一覧です: ボールドウィン風Bタンク-2:

« お知らせ | トップページ | 流行の電流計付きコントローラー »