« なまけ親爺 | トップページ | ボールドウィン風Bタンク-1 »

2017年3月12日 (日)

FowlerのDL-その8

8か月も止まっていたこの車両、久々の更新です。
本機は動力を2回作っています。
最初が222.75:1で車輪径Φ14、2作目が162:1で車輪径Φ12.5でした。
スケールスピードという点では2作目でも良いと思ったのですが、On30なので所属クラブのモジュールで運転した場合遅すぎます。一周回るのに時間がかかりすぎフルスロットルでの運転になってしまい、強烈な騒音をまき散らします。
これではまずいので3度目の動力検討です。
Fowler3ftdl3

今回は例の10x10モーター(SS10J0TTTBA)を使うことにして、平ギア2段をやめ、49.09:1としました。動輪は2作目のΦ12.5をそのまま流用します。
2作目に比べギア比が3分の1以下になっていますが、低速モーターとの組み合わせでちょうどよいのではとの目論見です。

加工中の動力フレームです。
1702270002

1703010001

ウォームホイールはデルリンの思われるm0.4x30を使いますが、平ギアと動力伝達をしなければなりません。
デルリンは通常接着が出来ません。
今回は内径に糸のこで切り込みを入れ、エポキシで接着してみました。
1703010002

溝のエポキシとステンレス軸が接着してデルリンに引っ掛かって動力を伝えるというわけです。

3作目の動力が出来ました。
1703120003

速度はちょうどよく、音も静かになりました。

|

« なまけ親爺 | トップページ | ボールドウィン風Bタンク-1 »

DL」カテゴリの記事

On30」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317189/69894510

この記事へのトラックバック一覧です: FowlerのDL-その8:

« なまけ親爺 | トップページ | ボールドウィン風Bタンク-1 »