« 2017年1月 | トップページ

2017年3月

2017年3月20日 (月)

ボールドウィン風Bタンク-2

いちおうボールドウィン風としましたが、ひょっとするとポーターのほうがイメージが合うのかも。
とはいえ、フリーなのでどちらでもいいですね。

さて、主台枠を作ります。
外側台枠のダミーなので、それほど気を使う必要はありません。
t0.8の快削黄銅板を2枚張り合わせ、印刷した図面を貼り付けます。
1703090014

カッターで図面をなぞってケガキ代わりとし、糸鋸で切り抜いてヤスリ仕上げします。
1703100015

左右の繋ぎは動力ユニットの取付を兼ね、さらに前方はシリンダーの取付も兼ねます。
リア側は灰箱を模した形状としました。
1703100016

最終的にはハンダで組むかもしれませんが、現時点では途中の工程を考えてネジ止めとしてあります。
1703100017

1703100018

次にシリンダーブロックを作ります。
t6.0の板に、シリンダーのΦ5穴と煙室サドルの根元のR 用にΦ4穴を開けます。

1703110022

フライスで外形を落とし、ヤスリ仕上げしました。
1703110023

シリンダーは一旦ここまでとして、ボイラーをt0.3で切り出して丸めました。
1703130001

これは2個目で、最初の物はモーターと動力の切り欠きが大きすぎてボツにしました。
2個目は小さめに切り欠いて、現物合わせで広げていきました。

1703130002

煙室は珊瑚のHOnダックスの物が手元にあったので利用してしまおうかと思いますが、ちょっと細いかも。
とりあえずモックアップを作って感じを見ます。
1703120005

今回はここまで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お知らせ

「とれいん」の4月号に私の記事が掲載されました。
今回はマックと屋台です。
不定期ですがシリーズでいくつか掲載していただく予定です。
みなさんご照覧ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ボールドウィン風Bタンク-1

性懲りもなくまた新たなプロジェクトを始めてしまいました。

これもネットで見つけた図面を元に少々アレンジしたものです。
0_4_0fs96draw

最近話題のΦ7コアレスモーターのテストを兼ねてネタを探したところ、本機が良さそうだということになりました。
今まで蒸機は何度も挑戦して、そのほとんどが途中で止まっています。
一番の理由はバルブギアで躓いているということです。
本機は、バルブギアは最初から省略すると決めて完成までもっていこうと思います。

動力検討図です。
0_4_0fs96draw2

外側台枠で、いつものようにブロック加工のギア連動です。中央から振り分けているのでサイドロッドは長穴にする必要はありません。
ギア比は70.875:1、モーターが低速なのでもっと小さなギア比でも良かったかもしれません。
本来はボイラーの下は向こうが透けているはずですが、細いボイラーに対してこの構造では動力の一部が露出してしまうのは避けられませんがやむおえません。

まずは動力を作ります。
t6+t1.8+t6の三枚をハンダ付けします。
1702270014

ブロックに切り出します。
1702270016

ここから途中を撮り損ねましたが、ブロック状態のまま合わせのネジ穴や、軸溝、ギア軸の穴を加工しました。
そののちバーナーで炙って分解し、内側のギア逃げを加工し、さらに外形を仕上げていきます。

このようにして出来上がった動力パーツ一式です。
1703040005

組みあがりです。

1703040006

この時点では車輪はΦ9.5でしたが、後にΦ40.5に変更しました。
バックが調子いいのですが、前進は少々音が大きいです。
私の作る車両はほとんどこの傾向にあります。
モーターの向きが逆でも変わりません。
ひょっとすると、連動ギアが進行方向左側にそろえてあるのが影響しているのかもしれませんが、今のところ原因不明です。
速度は遅めですが、とりあえず満足のいく走りをしてくれました。
ロッドをつけてどうなるかです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

FowlerのDL-その8

8か月も止まっていたこの車両、久々の更新です。
本機は動力を2回作っています。
最初が222.75:1で車輪径Φ14、2作目が162:1で車輪径Φ12.5でした。
スケールスピードという点では2作目でも良いと思ったのですが、On30なので所属クラブのモジュールで運転した場合遅すぎます。一周回るのに時間がかかりすぎフルスロットルでの運転になってしまい、強烈な騒音をまき散らします。
これではまずいので3度目の動力検討です。
Fowler3ftdl3

今回は例の10x10モーター(SS10J0TTTBA)を使うことにして、平ギア2段をやめ、49.09:1としました。動輪は2作目のΦ12.5をそのまま流用します。
2作目に比べギア比が3分の1以下になっていますが、低速モーターとの組み合わせでちょうどよいのではとの目論見です。

加工中の動力フレームです。
1702270002

1703010001

ウォームホイールはデルリンの思われるm0.4x30を使いますが、平ギアと動力伝達をしなければなりません。
デルリンは通常接着が出来ません。
今回は内径に糸のこで切り込みを入れ、エポキシで接着してみました。
1703010002

溝のエポキシとステンレス軸が接着してデルリンに引っ掛かって動力を伝えるというわけです。

3作目の動力が出来ました。
1703120003

速度はちょうどよく、音も静かになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

なまけ親爺

またずいぶん時間がたってしまいました。

事の発端は、12月の初めころ、マイカーのタイヤをスタッドレスに変えました。
我が家はマンションなのでベランダにタイヤを保管しています。
玄関までは運んで台車に乗せ、敷地の反対側の駐車場まで運びます。
ここで作業するわけにはいかないので、車に乗せてちょっと離れた公園の駐車場まで行きます。
平日は割とすいているのです。
油圧ジャッキで上げて交換し、再び車に積んでベランダに収めて終了です。
が・・・・・注意してやったつもりですが、やってしまいました・・・・腰
いつも腰を痛めるときは左足が多いのですが、今回は右足側です。

正月を過ぎ、2月になってもよくならず、、3月になってようやく治まっては来ましたが相変わらず痛みはあり、結局慢性化しているので油断できません。
さらに悪いことに拇指CM関節症が悪化して何もしなくても痛いのです。それも両手だから始末に負えません。

こんな状態のためなかなか工作をする気が起きません。
おまけに、1月に受けた人間ドックで腫瘍マーカーが引っ掛かりました。
受診をすると内視鏡検査をしましょうということになり、先週火曜に受けてきました。
おしりからカメラが入るところからしっかり画面に映っています。
おお。腸内結構きれいじゃん・・・・・と思ったとたん・・・・・赤いいぼのようなものが・・・
「今の見えました?」と言われ、「ハイ見えました」
「入院大丈夫ですか?」、「ハイ大丈夫です」
てなわけでそのまま手術することに・・・
といっても、手術そのものは1分もかからなかったのではないでしょうか。
薬みたいの塗って、わっかをひっかけてキュッと絞ると一瞬で焼き切ったようです。
腸内は神経が無いので痛くもかゆくもありません。
むしろ、内視鏡を入れていくのに空気で膨らめて行くようで、ガスがたまっておなかがえらく痛いのです。
終わって病室に行った後も、30分くらいは痛くて我慢が必要でした。
看護師さんに言ったら「トイレでガス抜いてきてください」だって・・・・
朝から何も食べず、腸内を洗う薬と水を合計3Lほど飲んでおなかの中を空っぽにしましたので、とにかく腹減った~
術後の点滴を受けましたが、翌日の朝食のおかゆまで何も口にできないのできついです。

翌水曜午前中には退院、一週間は食事は消化の良いものを食べ、もちろんアルコールは厳禁ということです。
とったポリープの検査結果は来週わかります。悪性でないことを祈るのみです。

さて、こんな状態なのであんまりできなかったのですが、3か月の間何もしなかったわけではなく、気の向いた時に少々工作していました。
このブログは工作記録を残すためにやっているので、おいおい書いていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ