« ダージリンのBタンク-13 | トップページ | 小坂のL電-その1 »

2018年11月 7日 (水)

ダージリンのBタンク-14(怠けたツケは大きい)

久しぶりに動かしてみて、低速性能は満足できるものなのですが、やはりギア音が気になります。
現状はウォーム2段平ギア1段の減速で91.99:1です。
低速モーターを使えばウォーム1段でもいけるのではないかと思い、作ってみることにしました。

2段減速
Darjeelingspdf

1段減速
Darjeelings_2pdf

手前が一段
1811070007

ところが、どうも調子が悪いのです。
ロッド無しならまあまあなのですが、ロッド付き車輪に変えるとぎくしゃくして走りません。
原因は、
軸溝を掘る時とギア軸の穴あけは90度ワークを咥え直さなければなりません。
フライスを使うのは半年ぶり位なので、勘所がくるっていて、この時ずれが生じギア穴が0.2mmほど寄っています。
ロッド式車両をギア駆動する場合、ギアのバックラッシュは2軸で同じようにする必要があり、ずれたことでこの関係がうまくいっていないようです。
とりあえず、元の動力に戻しました。今後どうするかは気分次第で考えます。

なお、1台目に使ったスペック不明のジャンクモーターは例の10x10 SS10J0TTTBAよりも低速性能は良いかもしれません。


|

« ダージリンのBタンク-13 | トップページ | 小坂のL電-その1 »

On2」カテゴリの記事

ダージリンBショーティー」カテゴリの記事

Bタンク」カテゴリの記事

SL」カテゴリの記事

コメント

工作機械を使っても精度確保は難しいのですね

投稿: ム | 2018年11月13日 (火) 10時49分

工作機械も使う人次第です。
使い方を誤れば精度は出ません。
今回痛感しました。

投稿: ozu | 2018年11月13日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダージリンのBタンク-14(怠けたツケは大きい):

« ダージリンのBタンク-13 | トップページ | 小坂のL電-その1 »